@do_seasonsのメモ帳
雑誌Trueついでに歌姫構築
2019年05月22日 (水) | 編集 |
S__2408451.jpg

S__2408450.jpg

駅真乃と花めぐるが両方ともバグっているのでこういうことも余裕を持って出来るようになった、雑誌のくせに安定感がある。イベ千雪とイベ甘奈も重要。歌姫を突破することでExスキル掘りと金チケ回収を並行する。

ちなみに、真面目にレッスンやトークを選んだほうが強く育つため攻略は安定する。雑誌を選ぶ理由はそこに思考時間を一切使わないメリットがあるから。

持ちこみアイテムはメモ帳と流行雑誌。

・シーズン1
雑誌連打。思い出Lv.2までは育てないと弱すぎてカードとしてみなせないのでそこに至るまでは約束もこなす。1箇所にサポートが固まっていると押したくなるが、施設レベルがあがらなかったりMeが足りなかったりといった事故につながるので我慢する。そもそも、約束以外では脳死で雑誌にむかえるところが利点なので他の配置は確認しない。

・シーズン2
雑誌連打。ごく稀にファン数が足りずオデに向かうはめになる。

・シーズン3
振り返りからSP200をスキルに振る。SPが高いのも雑誌の良いところ。振り分け先は駅真乃or花めぐるの金スキルと上限、次点でイベ甘奈の金スキルを目指す。このことから駅真乃か花めぐるのどちらかは4凸にしたい。4万オデから5万オデの連打。スピアが居ない分5万オデの方が楽で、初周がVo1位だとつまずくことがある(この場合は2位狙い)。踊っていいとも(5万)は全パターンの流行で乗り切れるので7周すべて通い30万~40万を目指す。(ここで通えるだけ通うことでシーズン4にバッファを作り、歌姫挑戦権を2~4周確保する。歌姫は事故と隣り合わせの為)

・シーズン4
レジェンドはVi1位のみ、七彩はVi1位、またはなんでも2位(2位スピアが居ないので)。Vi2位がもっとも簡単。ファン人数が95万の時はあえて5万オデにいってセコく稼いだりして100万を目指し、残り2~4周で歌姫を解放する。歌姫は七彩とだいたい同じ。Meが300を超えるのでパーフェクトがそこそこ安定する。

・WING
Vi極でいつもの。所詮600程度なのでVo夏葉はゴリ押せない。



現在のTrue成功率 88% (試行9回)
○○○○○
○○○×

・めぐるSR
WING決勝で1位TAと3位LAで28取ったから適当にボタン押すべと思ったら千雪に1位LA2位TALA取られて負けた。
 
夢見りあむ 見解
2019年04月30日 (火) | 編集 |
【⑤夢見りあむに勝たせたい】がやはり面白いと思う。夢見りあむを「負けアイドル」とまで言うのは難しいが、少なくとも「現時点で勝つべきではないアイドル」であるだろう。それはなぜかと言えば、【③夢見りあむが許せないとか許すとかじゃなくて】にあった通り「夢見りあむには物語が無い」からだ。物語のないアイドルは勝つべきではない。しかしそれが『「愚かな負けプレイヤーに対する勝ちプレイヤーの断罪と啓蒙」という冷徹な一撃だったからだ。』という文章につながる。

すなわち「夢見りあむには物語が無いから勝つべきではない。であるならば、物語の"少ない"他のアイドルは?」ということだ。

ボイス争奪戦を行っているようなアイドル(例、佐城雪美、ナターリア、遊佐こずえなど)ではなく、中間にようやく顔を出したアイドル(例、西園寺琴歌、松本沙理奈)ですらなく、今まで中間や結果に1度も顔を出した事はないおそらく今後も顔を出す事はないだろう数人~数十人のアイドル(Paに多い)には物語があるのだろうか。カードの枚数なら夢見りあむよりは多いだろう、しかし二次創作が圧倒的な肉付けをする昨今のソーシャルゲーム事情を考えた時、夢見りあむよりも"物語"が多いと言い切れる声なし圏外アイドルはどれだけいるのだろうか。あのブログを書いた人は、物語は「時間」が作るものだとして、夢見りあむを攻撃するために「物語」という言葉を使ったが、しかし物語は「人気」や「出番」が作るものでもあるのだ。(そしてこの2つは相互作用している)

たとえば、友達に頼まれたジャスティンビーバーが声なし圏外アイドルに投票を呼び掛けてシンデレラガールになったとする。そのアイドルには物語があるのだろうか?ないだろうか。おそらく無いだろう。なんであのアイドルが、未央が、加蓮が取るはずだったのに。その状況は夢見りあむと大差はない。これこそが「愚かな負けプレイヤーに対する勝ちプレイヤーの断罪」であり、夢見りあむをdisった「物語の無いアイドルは引っこんでいろ」が声なし圏外の「物語のないアイドル」全員を攻撃している結果になってしまった図である。

当初「夢見りあむ」は既存プレイヤー全員の敵だと考えられていた。既存プレイヤーvs新規プレイヤーの構図だったはずが、それを物語が無いと断罪したことで強いアイドルvs弱いアイドルの構図になり、弱いアイドルを抱える既存プレイヤーの旗頭にされている。

【⑤夢見りあむに投票してる】では零細アイドルからみた総選挙の滑稽さ、それを打破してくれる夢見りあむの存在が語られ、【⑦四年前から夢見りあむのオタクだった】では第四シンデレラガールから第五で圏外までふっ飛んでいった塩見周子について語られる。これらこそが「物語の弱いアイドル」から見た総選挙であり、物語の弱いアイドルが総選挙で勝つというのはどういうことか、なのだ。
 
夢見りあむとはてなブログ
2019年04月29日 (月) | 編集 |
夢見りあむが許せない 04/17 17:20
https://anond.hatelabo.jp/20190417172059
>「アイドルは使い捨ての嗜好品」という文字列にも虫唾が走った。他のアイドルたちが一生懸命頑張っているものをなんて言葉で愚弄するのだ。使い捨ての嗜好品? 俺の担当はそんなもののために頑張っているんじゃない。許せない。
>こんなふうに増田に投稿すること自体が夢見りあむにまた勢いをつけるのじゃないかと思ったのだが、それでも夢見りあむにノリで投票した人のうち、まともな人がこれを見て、自分の担当の頑張ってきた姿を思い返して一人でも冷静になってくれたらいいと思った。

私の「夢見りあむが許せない」 04/22 11:52
https://anond.hatelabo.jp/20190422115235
>いや、絶対実家太いじゃん。実家太いくせに「人生詰んでる」とかいうなよ。
>私が夢見りあむを好きだった頃に救いですらあった「やみくんやみちゃんの味方」というセリフも、おめえみたいなバカにメンヘラレペゼンされたくねえという憎しみになった。

夢見りあむが許せないとか許すとかじゃなくて 04/24 00:00
https://anond.hatelabo.jp/20190422115235
>でも、こんなに人気でいいの? とも思ってしまった。なんでこんな人気なの? と。ポッと出のアイドルが。
>比較的初期から登場している***にはストーリーがある。夢見りあむにはない。これは別に夢見りあむが悪いとかではなくて、単に登場した時間の差だ。仕方のないことだ。だけどそんなデビューライブをしただけのアイドルがシンデレラガールになって、何の意味があるんだろう。

シンデレラの魔法は夢見りあむが無効化した 04/27 11:04
https://anond.hatelabo.jp/20190427110431
>でも、違ったのだ。私が一人、報われるべきアイドルとして安部菜々に投票していた裏に、全然違うルールで投票している人たちがいて、彼らが圧倒的大多数なのだ。
>未央はシンデレラガールズを支えてきたニュージェネ最後の1人ってだけの圧倒的知名度で第8回シンデレラガールを取り、加蓮はライブでアガる人気曲複数持ちに恵まれた容姿、ポテトキャラによる親しみなんかで上位を維持し、あるなら第9回の総選挙でシンデレラガールをとるだろう。彼女らが上位なのは知名度がりあむより上というだけのことで、それ以上の理由はない。

夢見りあむに投票してる 04/28 00:02
https://anond.hatelabo.jp/20190428000225
>プロデューサーであるお前の頑張りが足りないから、お前の担当アイドルは7年間も声がつかないんだと、そう言われることにもう疲れた。
>夢見りあむにシンデレラガールになってほしい。総選挙丸ごと茶番にして欲しい。

夢見りあむに勝たせたい 04/29 03:17
https://anond.hatelabo.jp/20190429031727
>このお気持ちブログが書かれた時点で、真の意味でデレマスのゲーム性は崩壊した。なぜならば、まさにこのお気持ちブログこそ、「愚かな負けプレイヤーに対する勝ちプレイヤーの断罪と啓蒙」という冷徹な一撃だったからだ。
>この瞬間、今回の総選挙には「負けプレイヤーvs勝ちプレイヤー」という評価軸が誕生し、それはSNSで速やかに拡散され、様々なお気持ちが表明された。

四年前から夢見りあむのオタクだった 04/29 16:14
https://anond.hatelabo.jp/20190429161403
>「はいはいガチャブースト」の一言だ。運営に後押しされて藤原肇を抑えてしまった高垣楓には物語があって、運営に後押しされて前川みくを抑えてしまった彼女には物語がないというのだろうか。
>四年に一度の災害が再びやってきた。正直に言って、私は、総選挙でこんなことが起きるのをずっと待っていた。ガチャの力ではなく、自分の足で大暴走していく夢見りあむがシンデレラガールという物語を穢した時、あなたたちが何と言って罵倒するのか。
 
アグリコラ 参考記事の紹介
2019年04月20日 (土) | 編集 |
アグリコラ戦略ガイド(1) (翻訳記事)
https://blogs.yahoo.co.jp/takewatchgo/43408496.html

アグリコラ戦略ガイド(2) (翻訳記事)
https://blogs.yahoo.co.jp/takewatchgo/43408500.html

アグリコラの要点について非常にわかりやすく書いてある。
特にやってはいけない行動についてまとめてくれているのが良い。



アグリコラの戦略 ~初心者脱却への道2~
https://takahirosuzuki.com/2013/0603112055

アグリコラで40点代後半を取って勝ち負けまで持ち込む基本戦略を考察してみる
https://takahirosuzuki.com/2015/1229063308

やや踏み込んだ記事。1人あたり取れる資材がいくつあるのか、それに対して理想とする盤面の要求資材量はいくつなのか?という点、そして1手2点をベースにその手は何点なのか考える、というのは大事。



アグリコラのステージ1のプレイングとチェックポイント考察(戦略論)
https://takahirosuzuki.com/2017/0916190957

アグリコラのステージ2のプレイングとステージ3への準備(戦略論)
https://takahirosuzuki.com/2017/0917222926

アグリコラのステージ3の動き方とアクション計算(戦略論)
https://takahirosuzuki.com/2017/0928150429

こちらは"勝つ"ために考えるべきことが書いてある。というか、自分の「増築理論」の記事を書いている時に「本当にこの理論あってるのかなあ」と不安になり、検索をかけた時に見つけた。「この記事俺の書きたかったことの上位互換やんけ!」と思い、自分の記事をお蔵入りにした経緯がある。必読ですよ必読。(お蔵入りにした記事はいずれ仕上げたい)
 
芹沢あさひ
2019年04月07日 (日) | 編集 |
ややナイーブな内容なのでTLにRTするよりはブログ向けかなと思った。
まとめただけの備忘録。