@do_seasonsのメモ帳
決勝3本目
2013年08月24日 (土) | 編集 |
《相手》LP6000、手札:1、場:ザンジ(裏守備)・キザン1800・カゲキ1700
《自分》LP2700、手札:カストル・ケルキオン・ダムド、場:なし、墓地:カストル1

相手場を荒らさないと負けなのでカストルケルキオンの順で召喚しに行く。バトルフェイズに入りザンジとカゲキを戦闘破壊。

1:オピオンを作る
キザン追加召喚からエクスカリバー、オピオン戦闘破壊で墓地闇4になりダムドを出せずに死が見える。

2:オピオンではなくパールを作る
同じ展開でもダムドを返せる。しかし1、2両方ともエニシ追加即負けのケアが出来ていない。

3:ダイヤウルフでキザン共々破壊
エニシ追加でも未来の見える構図。ただし、相手のハンド・トップが弱かった場合のリターンが小さすぎる。

実際には3を選択したわけだけど、今なら2を選ぶかな。



(2014/09/11 追記)

この試合は3つのミスがあって、

1つ目は舐めプで1本落としたこと
2つ目は上にある通りダイヤウルフから効果起動の選択
3つ目はダイヤウルフにしてまで確保したはずの返し手(ダムド)を相手が動くより先に出したこと
神判魔導の対策
2013年01月31日 (木) | 編集 |
旧記事:魔導に対するメタとその対策

神判の登場により魔導を取り巻く環境は一変した。汎用性のあるカードの中から魔導に対して効くカードを入れる時代は終わり、魔導のみに効くピンポイントメタカードの搭載を余儀なくされることに。それに伴い今まで使われてこなかった色々なカードが発掘されてきている。

《ドロール&ロックバード》
相手の神判による補給を止められる優秀なカード。しかしこれだけピンポイントなメタに成功しても1:1交換で割に合わない。止めないと4アド取られるから撃つしかないんだけれども。

《カオスハンター》
神判でシスティSSにこれを出すとジュノンサーチもされない(裁定待ち)。ただ、相手は神判を通して+2アドなのに対し、カオスハンターを出す時点で-1アドのため3アド差がついていることは忘れてはならない。神判が止まっていないから次のバテルヒュグロセフェルで相打ちを取られたり、2発目の神判でリリーを出されて固まる恐れがあり、完全な打開とは言えないのではないか。闇デッキに対応しているためそちらも目的として投入したい。

《王宮の鉄壁》
システィ、ジュノン、ゲーテ、ネクロを止められる。ブレイカー、ジュノンジュノンからのドラゴサックorハイロン、ジュノンヴェーラーからのスクドラ、などで割られる。封魔の呪印や闇のデッキ破壊ウイルスを警戒して魔導側が王宮のお触れや盗賊の七つ道具を入れてくる可能性は十分にあるが、しかし入るデッキを選ばない魔導メタであることは評価できる。ドロール&ロックバードの上からこれまで搭載すると、こちらのデッキがボロボロになっていそうではあるが……。

《封魔の呪印》
神判を完全封殺できる優秀なカード。発動条件もそれほど厳しくなく、魔法を多く採用するデッキならば一考の価値がある。

《大暴落》
エンドフェイズで6枚になるようにカードを伏せてからの神判効果なので一見、撃つタイミングはないように思えるが、神判コンボ→次ドローフェイズ→ラメイソンドローでぴったり8枚になるのだ。決まればほぼ勝ちでどんなデッキにも採用でき最強に見えるが、しかしそれは相手がこのカードの存在を知らない場合に限る。このカードの存在自体が相手の手札を7枚までに抑えていると考えるべきで、実際に使うべきではない……のだが、それを読んで手札を8枚にすることでアドバンテージが得られるのも確かで、いたちごっこになる。ただ確実に言える事は、毎ターン手札7枚あれば十分勝てるよねってこと。
神判魔導について
2013年01月25日 (金) | 編集 |
さよなら、僕らの魔導。-夢見屋本舗
http://d.hatena.ne.jp/yumemiiii/20130117

>『というか、いわゆるクソデッキ化しています。従来の魔導デッキは、あのB級感が好きなプレイヤーが好んで使っていたと思うので、なんとも拍子抜けな展開。』

これにある通り。キルパターンを組んでそれに全力出して、相手のヴェーラートラゴーズにおびえるなんて、そんなデッキを使いたかったわけではない。デッキが強化されることは必ずしもプラスではないんだなと勉強になった。

今所持デッキは、【魔導】【ガジェット】【ヴェルズ】【炎王】

俺はビートダウンが好きで、基本的に会話しない1キルと特殊勝利デッキを使うのが嫌い。使われるのは対策考えるの楽しいから好きだけども、俺が使いたいデッキではない。
もじゃ公さんと2マッチ
2013年01月06日 (日) | 編集 |
twitterで暇だよってつぶやいたら有名強者のもじゃ公さんが遊戯しに来てくれました。

使用デッキ【ガジェット】
VS【カオドラ忍者】×○×

1:宣告伏せてるのに余裕でチェイン通したらライパルレダメライパルで溶けた。もうやらない。
2:シーソーゲームから展開されてこっちライフ400、サレ気味に激流伏せたら次ターンもじゃ公さんが踏んでくれて勝った。
3:HANZO超変化にキンギョガジェしたら大惨事になった。もうやらない。

使用デッキ【魔導】
VS【カラクリ】×○×

1:強謙からのヒュグロとブレイカーで迷ったあげくブレイカーを選んだ。それから私の元に魔導書が訪れる事はありませんでした。BADEND。
2:中盤でジュノンジュノンジュノンネクロトーラゲーテとかいう最強手札揃えた。
3:マクロ下での墓地の肥えない圧縮を嫌った結果ジュノンシスティが手札に来ず死亡。



やっぱり負けると改善点がよく見えて良い。ガジェは経験の無さとサイド禁止のせいだからいいとして、魔導は色々とあかんかったな。レシピ通り罠入れてみたけど、トラゴの価値が無さ過ぎてちょっとダメだった。罠って入れたら入れた分だけ強くなるわけじゃなくて、罠0からの追加だとある程度まではサイクの的になるだけな気がする。あとは細かいところだと対ヴェルズで最近注目の《月の書》と罠の複合がトーラで捌けない点もちょっと辛かった。
ヴェーラー・聖杯・ブレイクスルーについて
2013年01月02日 (水) | 編集 |

《エフェクト・ヴェーラー》チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードを手札から墓地へ送り、
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手モンスターの効果をエンドフェイズ時まで無効にする。
この効果は相手のメインフェイズ時にのみ発動できる。


手札から撃てることがこのカード最大の利点であり、全てであると言える。これにより相手の先行1ターン目を阻害でき、大嵐からの大打撃パターンにも対応できる。現環境ではゼンマイに大きく刺さるカード。


《禁じられた聖杯》速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
エンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力は
400ポイントアップし、効果は無効化される。


ダメージステップに発動可能で、サイドから投入されがちなリバースモンスターを黙らせることができる。自分のターンに使えるため《発条機雷ゼンマイン》など対処の厄介なモンスターを簡単に処理することが可能。さらに400ポイントの補助で戦闘を有利にするなど、間口の広いカードである。


《ブレイクスルー・スキル》通常罠
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
また、墓地のこのカードをゲームから除外する事で、
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択し、
その効果をターン終了時まで無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できず、
自分のターンにのみ発動できる。


使い心地はほぼ聖杯と一緒。引いたターンに使えず、ダメージステップに発動できず、戦闘補助もできないこのカードが聖杯に勝てる点はただ1つ、その特徴的な墓地利用効果にある。つまりこのカードを入れる場合は「自分のターンにどうしても無効化したい想定モンスターがいる」ことが最重要になる。その条件を満たした時初めて、このカードは聖杯2枚分の力を持つキラーカードになる。現環境で使われたのは「ジュノンを出さないとどうしようもない魔導が宿敵オピオンを2度倒せるカードとして採用」した1ケースのみ。
プライドの咆哮について
2013年01月02日 (水) | 編集 |

《プライドの咆哮》通常罠
戦闘ダメージ計算時、自分のモンスターの攻撃力が相手モンスターより低い場合、
その攻撃力の差分のライフポイントを払って発動する。
ダメージ計算時のみ、自分のモンスターの攻撃力は
相手モンスターとの攻撃力の差の数値+300ポイントアップする。


目的は天セン、禁じられたシリーズをかわすこと。これらのカードが発動できるのはダメージステップ開始時で、それより後にダメージ計算時がくる。そのため全てを見た上でプライドを上から撃ち突破できる。注意点としては聖槍を先撃ちされるとプライドが効かなくなること。
魔導に対するメタとその対策
2012年12月30日 (日) | 編集 |
12/12/30 13:47 最終更新



《ヴェルズ・オピオン》
ジュノンが出せなくなる。魔導は4エクシーズなどで処理できないのでとてもしんどい。ゲーテが打てるかと思いきや汎発感染が行く手を阻む。ジュノンを先出ししてもATKが50負けているため戦闘で破壊される。システィorブレイカー+ヒュグロ、月読命、お注射天使リリー、ブレイクスルー・スキル、警告などが対策に上がる。

《ライオウ》
グリモバテルというデッキの心臓を止められるため序盤に出てくるとかなりキツい。チェーンに乗るジュノンは止められないため中盤以降はそれほど気にしない。対策はオピオンとほぼ同じで、それに加えてトラゴーズが使える。汎発感染もないため激流奈落幽閉などおなじみのカードでも仕留められる。またブレイカーで相打ちが狙える。

《ナチュル・ビースト》と《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
魔法が使えなくなる。危険な状態ではあるがジュノンが出せるため詰んではいない。前述のモンスターメタカードもだいたい使える。先行初手は勘弁してください。

《禁止令》
ジュノンを禁止される。ゲーテを撃てば割れるため突破は簡単。ジュノン以外を禁止された場合はジュノンで割ればいい。

《闇のデッキ破壊ウイルス》
魔法宣言。これが一番止められないし通したら壊滅のヤバいやつ。魔法が使えないのではなく手札の魔法が吹き飛ばされるのでジュノンが出せなくなり完全にお通夜。引くカード引くカード魔法だし終了。闇デッキ対策はお触れや七つなどだが、トーラと役割が被るためピンポイントになりやすく厳しい。

《マインドクラッシュ》
投入されていれば100%刺さる。魔導がサーチを行わない試合は無いだろう。ジュノンのSS効果にチェーンしてジュノン宣言をすればジュノンを捨てることになる。暗黒界の墓穴と共にヂェミナイ・デビルが対策になるが、メタ範囲は狭い。

《透破抜き》
ジュノンのSS効果を無効にして除外できる。魔導はGトラゴーズヴェーラーをメイン採用しているデッキも多く、あらゆる場面で刺さるカードと言える。

《マクロコスモス》
墓地に魔導書が溜まらなくなるしんどいカード。ジュノンのコストは手札から支払えるためジュノンを出せば簡単に破壊できるのだが、そこで1:1を強要され、それまでに墓地が溜まっていないとなると十分効いていると言える(ただワンワンやシスティなどで簡単に手札を増やせるため1:1が辛いかと言うとそうでもないのだが)。セフェルが多く入っている構築やラメイソン入りの構築ではより大きな被害を被る。またGヴェーラーが阻害されるのも地味に影響がある。

《王宮の鉄壁》(と《王家の眠る谷-ネクロバレー》)
ジュノンとゲーテ(とネクロ)が死ぬふざけたカード。トーラとゲーテを採用している魔導はサイクロンが入っていないことも多く、鉄壁を割る手段を引けないまま死ぬことも多い。対策には定番のサイクロンの他、産廃ロン(《魔導法皇 ハイロン》)を使ってあげる事が出来る。(次パックでドラゴサックと入れ替えちゃうけど)
多重スリーブのススメと個人的な記録
2012年12月10日 (月) | 編集 |
◇遊戯王

【適当な四重】

1重目:遊戯王公式ロゴ透明


2重目:アクラス デュエリストミニ 黒


3重目:キャラスリ


4重目:KMC キャラクタースリーブガード


多重童貞には無難だった4重スリ。アクラスミニはKMCミニと比べて横に余裕があるため遊戯王公式がすんなり入る(お互いのサイズのムラによってはやっぱり入らないが)のが利点だった。KMCの枠ありキャラスリガードは上下が若干大きく綺麗ではない。1重目の透明は正直あってもなくても変わらない。


【一般的な三重】

1重目:アクラス デュエリストミニ 黒


2重目:KMC カードバリアー スーパーシリーズ 白


3重目:ブロッコリー キャラクタースリーブプロテクター Ver.2


無地・全デッキ統一への憧れを持ち始め使用したセット。白は非常に綺麗だが難点も多く、1:キャラスリガードの汚れがダイレクトに見えるのでマークド率が上がる、2:透ける、である。全デッキ統一するためには中のスリーブも統一する必要がある(透けるから)ことに気づき、断念した1品。この先レギュラーサイズのカードゲームをプレイすることがあればこれを流用しようと思う。


【流行りの遊戯王用二重】

1重目:やのまん インナーガードJr


2重目:ウルトラプロ ソリッドミニ 60枚 ブラック


ウルトラプロは裏面の加工が特殊でざらざらしており、カットがしやすく肌触りが良い特徴を持つ。海外では多重スリーブが禁止されているためこれを1重で使うプレイヤーが非常に多い。日本でもトーナメントプレイヤーたちに人気があり、ぴったりインナー⇒ウルトラプロの2重か、遊戯王公式絵柄⇒パブリックスリーブの2重が流行っているようだ。ウルトラプロソリッドミニは60枚で250円という安さも魅力の一つだが、品数が少ないのかプレミア価格で売っているところも多い。なおタチコマさんによれば黄白桃は透ける模様。

1重目のインナーガードJrは他社のぴったりスリーブと違ってキツすぎず、スリーブに入れる際にカードが折れそうになる経験をしなくて済むのが利点なのだが、それでも製造によってかキツいものもまじっていた。今回3袋買ったところ63枚(20%)がキツくてはじくことになった。100枚入りと謳ってはいるが80枚入りのつもりで購入調整すると良い。

ウルトラプロだが60枚ごとに質が微妙に違っていて、1枚だけ混ぜて横から見ると微妙に判別できてしまう。まあ横からカードをマジマジと見る機会なんてないので特に問題はない。しかし今回4袋買ったうち1袋だけ上下のサイズが明らかに違う致命的なロットに当たった。普通の3袋はインナーガードJrがちょうど収まる良いサイズなのに対し、問題の1袋は上からインナーがはみ出してしまっていた。トントンしても押しこんでも変わらず、インナーを変えてももちろんダメ。後ろからインナーがはみ出てしまっているためマークドだ。残念。
わんのあえいと
2011年04月15日 (金) | 編集 |
http://sunetto.blog100.fc2.com/blog-entry-1127.html

610:名無しプレイヤー@手札いっぱい。2011/04/14(木) 17:44:50.95 ID:UZNU/iYi0
ふう…。
ミラちゃんとセームベルちゃんで抜いてきたわ。
恐らく俺が最速だろうから、お前ら俺の中古で頑張ってしごいてこいよ。

621:名無しプレイヤー@手札いっぱい。2011/04/14(木) 17:45:39.67 ID:oqNux6Z40
>>610
俺の中古でお疲れ
モノクロで画像公開された時点で抜いたわ

646:名無しプレイヤー@手札いっぱい。2011/04/14(木) 17:47:48.87 ID:FVjFs/XQ0
>>610
名前が判明した時点で一か八か抜いた

一か八かわろたwww
遊戯王 女性モンスター 名前順
2011年02月09日 (水) | 編集 |
こっちの需要は薄いかもしれない。
何に使うのか俺も良く分からない。
 

[READ MORE...]