@do_seasonsのメモ帳
俺ガイル8巻の話(ネタバレあり)
2013年12月05日 (木) | 編集 |
状況の整理。

・修学旅行から帰ってきた(冒頭)
7巻結衣「人の気持ち、もっと考えてよ……」から数日。引き続きレイプ目の2人と腐った目1人の元に、いろはすを選挙で敗北させてほしいという依頼が来る。正直一介の生徒にどうこうできる問題じゃないんで教師と選管でどうにかすべきなんだが、このへん平塚先生は何を思って奉仕部に持ち込んできたのか。自分が応援者として悪目立ちすることでいろはすを落選させようとする八幡に対し、それをいさめる結衣と雪乃。※雪乃が選挙についてやけに詳しいことが示される。

・八幡と陽乃
八幡の元同級生2人との邂逅。雪乃に対してちょっかいを出すというより、本格的に嫌っている説も浮上したくらい、ここの陽乃は攻撃的だった。

・八幡と葉山のWデート(意味深)
頭を下げてでも八幡に来てもらいたかった葉山がしたかったのは、自己犠牲の愚かさを八幡に見せつけること。さらに葉山は「君が自分を犠牲にするのは、誰かに助けてほしいからじゃないのか?」と問う。八幡は独白で『そこまで詰め切っておきながら、そんなに近いところまで来ていながら、どうしてそんなところへ行ってしまうのか』と述べ、葉山の言葉を否定する。(「近いところ」とは「お互い本当の意味で人を好きになったことがないんだろうな」の部分?「自分の価値を知るべきだ」の部分?)

八幡は断じて違う!と激昂するが、その珍しく感情を表したイライラと、その後の駐輪場で「ふざけんな」と呟くあたりで、実は図星だったのではないかという説。また、この時のイライラは単に結衣と雪乃を呼んだことで、後ろめたいWデートを見られてしまったことに対する怒りという恋愛的な側面にもとれる。

・結衣の告白
部活が好きだと言った直後に「……好きなの」と繰り返すゆいちゃん。「ゆきのんに勝つよ」も選挙と恋愛で意味が掛かっている。

・小町との対話
「結衣さんと雪乃さんにちゃんと話すんだよ」という呼びかけに対し、八幡は「ちゃんと話すよ」と返す。だが、実際には2人に何も相談せず計画を進め、その結果がアレ。

・サイゼリアから作戦試行していろはす説得まで
河中湖さんマジヒロイン。いろはすはもう戸部より八幡の方が好感度高いまである。Twitter作戦は本当にアラだらけでお粗末。7.5巻のトリックもう~んって感じだったけど、もしかしてネタが尽きてるのかな……。せめて最終巻に1つだけでも、とっておきを用意しておいてほしい。

・めぐりさん
なんかBD特典のなんちゃらてん5巻にめぐりさんとの和解話があるらしい。やめちくり^~

・平塚先生と雪乃の邂逅
コトの顛末を先生に報告する雪乃。「長くない?」という描写があって、ここで何かしら俺たちが知らない情報がやり取りされている可能性があるね。

・今回のオチ
Twitter作戦により雪乃・結衣の立候補を止めることに成功する八幡。これで奉仕部も今まで通り安泰だと思いきや、雪乃は寂しい顔をしてつぶやく、「わかるものだとばかり、思っていたのね」と。それからの奉仕部の描写が実に薄ら寒いものでぞくぞくする。机に突っ伏してヒッキー遅いーと愚痴をこぼす結衣。雪乃と一緒なのに机に突っ伏して、会話もせずにただヒッキーを待つ……?結衣は続けて「パーティしよう」と言い、それを雪乃は『壊れてしまったものを見るような、あんなひどい笑顔で』ごめんなさいと返す。そしてこんな死んだようなやりとりは数日前から続けられているらしい。八幡は『俺と雪乃はこんなうわべだけの関係を何よりも嫌っていたのではなかったか』と自問する。

1.雪乃は委員会について不自然に詳しかった。
2.雪乃は姉のやっていなかった『生徒会長』を心底やりたかったのではないか。
3.小町に後押しされないと動けなかった八幡と同様に、陽乃に挑発されたからこそ動こうと雪乃は思ったのではないか。
4.めぐりの言うとおり生徒会でまた3人の居場所を作ろうと思ったのではないか。

つまり雪乃の答えもまた、八幡の策と同様に『依頼に答え・3人の場所も失わず・誰も気づ付かない』解決法だった。その機会を奪ってしまったのは自分(八幡)である。『自分が犠牲になるのは間違っている、それでは大事な人を救えないと言われたから、じゃあその方法をやめて、誰も傷つかない方法で依頼をこなしたのに、結局彼女は救えない』という皮肉なオチ。

で、雪乃がなんでこんなにブチ切れてるかと言うと、八幡が『うわべだけの関係を優先した』ように見えているから。これは7巻修学旅行編から続いてる誤解なんだけど、7巻で海老名さんは『みんなが仲良くしたい』という依頼を持ちこんできてるが、これの真意を雪乃は全く理解していない。八幡は理解してるからあの告白シーンになるんだけど、これを雪乃目線から見ると八幡が自ら戸部の告白を阻害し、『仲良しこよしのうわべだけの関係』を保ったように見えている。これが布石になっていて、今回の8巻でも雪乃は『生徒会に移ること』を『前進』と捉えていて、今の死んだ空気のまま奉仕部に残ることを『停滞』と捉えている。これを八幡がTwitter作戦で阻害し、奉仕部への停滞を選んだ。「(何も言わずとも八幡なら私の意図を)わかるものだとばかり、(私は)思って(=思い込んで)いたのね」という、ゆきのんマジコミュ障。※ここの雪乃の真意は八幡モノローグ視点からでしか語られないので全部ミスリードの可能性あり

さてここで章タイトルを見てみましょう。『この部屋には、紅茶の香りはもうしない。』紅茶=雪乃ですね。もうやめて……!



参照
【あやかしがたり】渡航124【はまち・俺ガイル】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1384907457/
【あやかしがたり】渡航127【はまち・俺ガイル】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1384968206/
【あやかしがたり】渡航128【はまち・俺ガイル】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1385033788/
 
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2
2013年05月22日 (水) | 編集 |
1巻読み返して気づいた点でも。

まずビビったのが6巻との対比。読み始めた段階で「あれ……これどっかで読んだぞ……」と思ってメモ帳にメモし始めたんだけど、完全に思い出したのは70ページ。『なぁ、雪ノ下。なら、俺が友』むしろここまで思い出さなかった俺がボンクラ。これ完全に6巻ラストシーンじゃねーか。急いで6巻をチェックすると出るわ出るわ照応法(って言うらしい)の数々。

・1巻
21P:世界が終わったあとも、きっと彼女はここでこうしているんじゃないか。
69P:「あなたの……そうやって弱さを肯定してしまう部分、嫌いだわ」
70P:――きっと俺と彼女はどこか似ている。

・6巻
347P:世界が終わったあとも、きっと彼女はここでこうしているんじゃないか。
348P:「……その弱さを肯定してしまう部分、嫌いではないけれど」
349P:――俺と彼女はちっとも似ていない。

1巻を再度読んだことで間接的に6巻の評価が上がってしまった。つーかまた6巻かよ。どんだけ株上げんの。もういいから!6巻が面白いのはわかってるから!

他に大きく気になったのは由比の態度。「はぁ?」「きも」とか平気で言っててすげー刺々しい。なんだなんだ。最近の由比はすっかり服の裾掴んで涙目でこっち見てる系女子になってるからちょっとビビっちゃった。しかし、このセリフをはいておいて「家庭的な女の子は好き?」とか聞いてきたりするのはどうなのか。恋愛感情持ってる相手でも「きも」とか言えちゃうのはいささか正直すぎて、空気を合わせる由比の性格とは少し違う気もする。いや、それほど八幡がキモかったのかもしれないが……。

ところで、2巻で事故の事を知った八幡は由比に同情するなと決別するわけだけど、そうとしか捉えられない理由の一端が1巻に書いてあった。P194『入学して1年以上経つのに出会わないということは向こうにその気はないんだろう。』忘れがちだけどこの物語って2年生春からスタートしてるんだよな。ペットを助けて入院までしてるのに病院に見舞いこないし、ましてや学校で会ってもお礼を言わない(クッキーがそれなのだとしたら遅すぎる)。これって八幡からすれば嫌われてるとすら考えても良いような事象だよ。少なくとも、「自分の事好きなんじゃね?」なんてうぬぼれるのは絶対無理。だから「アイツ今まで無視してた(俺への好感度が高くない)くせに今更なんで俺にかまってんだ?」「俺がぼっちだから同情してんのか?」っていう思考は意外と理にかなってる。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
2013年05月21日 (火) | 編集 |
7巻まで読んだ。1~3巻は凡百のラノベとそう変わらない(凡百のラノベ読んだことないけど)。4巻からは家で一気見。主人公が持つぼっち・カースト底辺・諦念観の要素が過去の回想ネタだけではなく、現在に強く現れて作用し始めたのがここからだと思う。単純に言えばストーリーのシリアス傾倒。



5巻は由比とのデートで相模南と邂逅したところの八幡がいい。ここすごい胃が痛くなった。でも5巻の本丸はそれすら吹き飛ばす「では、比企谷八幡は。」。瞬間火力で言えば今のところここが一番高かった。

で、6巻が面白かった。会議が凍ったところのカタルシスや、大オチの流れ、その後の平塚先生や雪乃との会話まで素敵要素満載。少し前には由比とのラブコメな文化祭シーンもあるし、1巻の密度としてはかなり濃い。まあ普通にページ数1番多いしな。学園ラブコメの文化祭だからどう調理しても面白いってのもある。個人的には『――比企谷くん。巻くように指示を出して』がかなり萌えシーン。雪ノ下側の描写が細かくされてないところがポイントだと思うんだけど、ここうまいことアニメ化されないかなあ。うまいこといくかどうかの前にカットの予感すらする。

7巻は越えちゃいけないライン考えろよってことですかね。6巻と比較すると色々わかるのかも。あと葉山。葉山ァ!って感じだった。挿絵の使い方が卑怯。これラノベの挿絵じゃねーぞ。普段はボーナスとかいいから先読ませろと思うのに本編後半暗すぎてボーナストラックにだいぶ癒された。



好きなキャラは悔しいけど雪ノ下雪乃。作者の手のひらの上^~
戦闘破壊学園ダンゲロス
2011年02月05日 (土) | 編集 |
戦闘破壊学園ダンゲロス
http://dangerous.cagami.net/

以下著者転載

------------------------

僕の処女小説作品「戦闘破壊学園ダンゲロス」が本日全国書店にて発売となります。
イラストはアニメ「フラクタル」のキャラクター原案も務める左さんが書いて下さいました。

内容は生徒会と番長グループが超能力を駆使して殺し合うボンクラども御用達の学園能力バトルとなっております。ハンターハンターとか山田風太郎の忍法帖とかが好きな方はぜひ!


以下、本作のセールスポイント。


【セールスポイント1】

「みんな最善手を打つ」:よく分かんない理由で無駄死したり、よく分かんない理由で各個撃破されたりしません。登場人物はそれぞれの知力の範囲で、みんな最善手を打とうと頑張ります。生き死にの戦闘の最中に油断したり、自分の能力を説明したりしません。

【セールスポイント2】

「しっかり会議する」:なんとなくぶつかって、なんとなく戦ったりしません。戦う前には三陣営ともしっかり会議して、各々最良の戦術を模索します。

【セールスポイント3】

「能力説明にウソはつきません」:能力は説明書きのままに機能します。どんな無体でムチャクチャな能力でも、基本的には例外なくその通りに機能します。大規模即死能力も相手が主人公だろうがネームドキャラだろうが当たりさえすれば確実に即死します。

【セールスポイント4】

「ダメージは継続します」:大怪我を負ったはずのキャラクターがしばらくすると何故かピンピンしてるとか、そういうのはありません。ダメージはダメージとして残り、その後の行動に影響します。

【セールスポイント5】

「ばくはつします」:僕達がエンターテイメント作品に求めるものは何でしょうか? 
そう、エロと暴力と爆発です。本作には全てがあります。可能な限り爆発を盛り込みました。
キャラクターは無駄に爆発して死にます。


以上五点、よろしくお願いします!

---------------------------

作者ファンなのでまよわず買ったけど、面白かったなあ。

ネタバレしないで感想書くのはなかなかむずかしいので、
上のセールスポイントに代弁してもらう。

左氏のグロも貴重やね。
以下大したことは書けないけどネタバレあり感想。

[READ MORE...]
文学少女と死にたがりの道化
2010年04月27日 (火) | 編集 |


読了。

言うだけあって面白かった。
最後の展開は考えてなかったわ。

[READ MORE...]
文学少女
2010年04月11日 (日) | 編集 |


お試しプライムで1ヶ月配送料無料。
ネットの友人が面白いと言っていたので1巻だけ買ってみた。

電車の中で立ちながらDSはキツいけど、
立ちながら読書ならいける気がするんだ。

あと朝からゲームってあんまりやりたくないよね。