@do_seasonsのメモ帳
世界樹 SQ 遍歴
2012年09月19日 (水) | 編集 |
2008/03 Ⅰ 2階層中断 ソパダメア あかきつばさ(中断)
2009/07 Ⅱ 6階層終了 ブパダメア 765プロ (真ボス放置)
2009/08 Ⅰ 6階層中断 ソパメバレ ユグドラシル(裏面放置)
2009/01 Ⅱ 6階層終了 ペドレカガ ユグドラシル(真ボス放置)
2010/02 Ⅰ 5階層終了 ダパダメバ あかきつばさ(裏面放置)
2010/04 Ⅲ 4階層中断 モウビゾシ 765プロ (中断)
2011/01 Ⅲ 6階層終了 プフパビバ 765プロ (真ボス放置)
2012/07 Ⅳ 5階層終了 ソフダスル あかきつばさ(真ボス放置)
世界樹の迷宮シリーズのBGM
2012年08月11日 (土) | 編集 |
好きなやつ

SQ1
1位 翠緑ノ樹海 (一層)
2位 遺○○○○○○
3位 討ち果て朽ち果て (通常戦後半)

SQ2
1位 初陣 (通常戦前半)
2位 桜ノ立橋 (四層)
3位 天ノ磐座 (五層)

SQ3
1位 白亜ノ森 (五層)
2位 それぞれの正義 (ラスボス)
3位 剣を掲げ誇りを胸に (ボス戦)

SQ4
1位 己が信念を杖に (通常戦後半)
2位 吹き荒ぶ熱風の果て (イベント戦)
3位 神話の後継者 (ラスボス)



戦闘曲
1位 己が信念を杖に (SQ4)
2位 それぞれの正義 (SQ3)
3位 初陣 (SQ2)

マップ曲
1位 白亜ノ森 (SQ3)
2位 翠緑ノ樹海 (SQ1)
3位 遺○○○○○○ (SQ1)
デビサバ 09 LAST day アマネルートその3 クリア・総括
2011年02月19日 (土) | 編集 |
倒したああああ!!111
長いことやったなあ。ベルデルとか延々とやった記憶があるもんなあ。


◇バ・ベル戦

耐性の関係上魔力の主人公より貫通デスバウンドのアツロウの方が火力が出るので、アツロウに戦力を寄せた。デビオクのレアヤクシャがデスバウンド貫通とかわけのわからないスキルを保有してたので、それをケルベロス(耐物理・耐衝撃)にして戦力増加。

全員倒しきらなければ増援が来ないことを発見。ということでリーダーだけ赤ゲージで生殺しさせた。そのうちにアツロウ率いる貫通デスバウンド軍団が総攻撃して無事に撃破。

ベル・デルとベル・イアルの襲来。ベル・イアルを速攻で叩いて、のちにベル・デルへ挑む。ここは特に戦略もなし、攻撃してれば勝てる領域。ベル・デルへのヤドリギはWEEKで380出て4発くらいで倒したから、力ステータスだけが関係するわけじゃなさそうだね。

イザ・ベル襲来。どう見ても回復ポイントです本当にありがとうございました。天使パワー*2を引っ張り出して永久機関により4チームを完全回復。万全の状態で殴りに行く。勿論ここも瞬殺。ベル・ゼブブ襲来。デスバウンド強いなあ・・・。結局産卵の効果は最後まで分からずじまいだったなあ・・・。ベル・ベリト襲来。なぎ倒すまで。

そして最終戦バ・ベル。2Tにわたる主人公&アツロウの攻撃で2/3くらい削る。被ダメも回復が追いつくしこれはいけるんじゃね?→バビロンの大災。チームが半壊し、ミドリちゃんはリタイア。マリ先生と主人公チームによる必死の回復、アツロウの攻撃の後、あることに気づく。こいつ弱点が衝撃になってる!何という僥倖!トウテツをケルベロスに替え(今まで忘れてた)、主人公で華麗に強化激化ザンダイン!・・・あれ、ミリ残った。トドメはケルベロスにあげる優しい主人公なのであった。

かくして東京に平和が訪れたのでした!
最後に甘いセリフを吐いてユズにキャー!って喜んでもらえたので満足です。本気で何も考えてないユズみたいなキャラ、嫌いじゃないですよ。

しかしこいつら事件が終わったのに誰も風呂に入りたがらなかったなあ。真夏の七日間をともにしたユズさんの下着、ぜひデビオクに出品しましょう!

真面目にストーリーの話をすると、ナオヤさんの真相がこんなところでばれてしまって、ナオヤルートどうすんだろう。しかし主人公一行は一介の学生から神の傘下へジョブチェンジかー。招来安泰すぎてやばいなー。7日間の代償で得たものも大きくて良かったね。


◇メンバー紹介

レベルはバ・ベル戦直前

・主人公 Lv60 力11 魔30 体15 速15
ザンダイン マハブフダイン メディアラハン
衝撃激化 衝撃強化 三分の魔脈 S裂攻の秘法

・鬼神ゾウチョウテン Lv50
デスバウンド メディアラハン アムリタ
貫通 耐物理 英霊の加護 (鬼神双手)

・邪神トウテツ Lv52
ディアラハン メギド ジオダイン
三分の魔脈 全門耐性 電撃激化 (混沌の波動)

序盤~終盤まで終始鬼のような強さを発揮した強キャラ。物理に選ぶ余地が少なくアツロウが優秀なため、魔力を延ばしたのは正解だったと言える。ベル・デル戦で鬼神+邪神に目覚めて以来ずっとこれ。W属性+裂攻は卑怯ささえ感じる火力。~ダインを初めて使った時、相手の耐性ブチ抜いて一撃だったのにはビビった。ちなみにメディアラハンは最終戦でクラックして急設しました。

あのヘッドホンはどうなってんだ。


・アツロウ Lv56
デスバウンド アムリタ リカーム
物理激化 戦神の加護 貫通 S的中の秘法

・鬼神コウモクテン Lv57
マハザンダイン デスバウンド リカーム
物理激化 全門耐性 貫通 (鬼神双手)

・邪神アリオク Lv57
デスバウンド テトラカーン 護りの盾
貫通 物理強化 全門耐性 (混沌の波動)

終盤に神となるアツロウくん。序盤は使い勝手の良い攻撃キャラ、中盤で魔法がそろい、各種強化が出るころにはお荷物扱いとなるが、終盤でデスバウンドを身につけてからの驚異の巻き上げ。本当にデスバウンドはおかしな強さ。追い風のように物理強化・物理激化・貫通など強力なスキルが出現し、気づけばチーム内のトップ火力に。最終戦では大変お世話になりました。

ストーリー上では終始冷静で頭の回る立ち回りだった。彼はいったいいくつの死亡フラグをへし折ったのだろうか。目に見えない功績は計り知れない。


・ミドリ Lv52
マハジオダイン マハザンダイン マハブフ
電撃激化 勝利のチャクラ 二身の残影 Sリカーム

・女神ノルン Lv54
常世の祈り 吸魔 リカーム
勝利のチャクラ 三分の魔脈 全門耐性 (女神の慈愛)

・邪神アバドン Lv46
ブフダイン ジオダイン ディアラハン
氷結無効 全門耐性 耐物理 (混沌の波動)

中盤にケイスケと入れ替わりで入ったメガネっ娘。天罰★てきめん!第二のユズポジションで、主人公とユズのおこぼれ魔法を使っていた。特に目立った活躍をするでもなく、地味に活躍していた印象。半端に邪神が入っているのはノルンを入れる前、最終戦直前までナラギリを入れていた時の名残。

ストーリー上は特に核心に絡むこともなく、自分の正義を貫いた人。悪魔でさえ助け愛を解く彼女の性格は人によっては至高に映ることでしょう。まあチンピになってもジャアくん助けに来なかったけどな!ルートがあればよかったのになーと思う一人。


・マリ Lv56
ブフダイン アギダイン 常世の祈り
氷結激化 氷結強化 三分の活泉 S疾風の秘法

・鬼神タケミカヅチ Lv44
マハジオ 渾身の一撃 デスバウンド
物理激化 耐物理 英霊の加護 (鬼神双手)

・邪神アバドン Lv46
ブフダイン ジオダイン ディアラハン
氷結無効 全門耐性 耐物理 (混沌の波動)

LASTdayにて加入した保健の先生。ずっと保健の先生だと思ってた。アツロウの家庭教師だったらしい。移動4、力15(火炎激化)がキーとなりユズと入れ替わりで参戦。能力的にミドリの完全相互互換であり、二人の役目を変えても何の支障も出ないように思う。

ストーリー上では吸血鬼と戦ってた人。あんまり濃くはなかった。


◇その他の人々

・ユズ Lv47

魔力がぐんぐん伸びる子。移動3マスが非常にネック。序盤~終盤までポスト主人公で使い勝手の良いキャラだったが、LASTdayにてマリ先生が加入し入れ替え。

帰りたガール。素直で嫌いじゃないですよ。アマネルート(神と協力するという指針)が示されてるのに特攻脱出するルートはさすがにどうかと思ったのでルート入りはしませんでした。

・ケイスケ

RPGにおいてバランス型は一番やっちゃダメなんだぜ・・・。
燃やされてしまったかわいそうな子。信念は貫き通した。ただ周りに止められる人がいなかっただけなんだ。キレるの唐突過ぎだったけど。

・アマネ Lv50

魔極すぎて激化がつけられなかった要らない子。見た目がネックすぎてあまり好きにはなれなかった。イザ・ベル戦の悪アマネの立ち絵はびっくりするほどエロ可愛くて、あれのままいてくれたら猛アピールしたのになあと思った。


◇総評いろいろ

まず一番良くないのがメンバーの加入方法。序盤~中番のメンバーが固定すぎてどうかと思う。最初から全キャラにアプローチ出来て、3日目には全員仲間にするチャンスがあるくらいのことはした方が良かったかなと感じた。ケイスケとかべつに望んでないよー。LASTdayにそんな一編に加入されてもね・・・。

このゲームの特徴として「予定調和」があって、これは相手の使ったスキルをクラックするという行為や、合成した悪魔が大抵相手も使ってくるってところ。自分が初めて使うことによるワクワク感は全くない反面、戦略の組み立てなんかのメリットにもなるんで難しいところなんだけどね。もう慣れたけど、最初は作った悪魔がポンと相手に使われてるのには「えー」ってなった。

ウェンディゴの壁、ベルデルの壁は確実に存在して、フリー禁止プレイにおける最大限の壁として立ちふさがってくれた。特にベルデルは過去にプレイしたゲームの中でも最高級にえげつない代物で、それでもギリッギリ勝てるバランスな当たりは、調整の跡が見受けられてとても好感だった。

その二つの壁以外は特につまるところはなかったので、後半にもう一つくらいあっても良かったかな。ベル・イアルがハメで倒せたりするところはちょっとどうかなと感じたね。

レベルによる戦闘力の補正がひどすぎてレベル上げをすれば勝てるゲームになってるのが少し残念。たとえばSQ3はレベル25で挑んだボスに歯が立たなくても、レベルを5下げて休養し対策を考えてスキルを振り直すことでレベル20でボスを倒すことが出来たりする。デビサバはまるっきり逆で、レベル20の時に知恵の限りを尽くして倒した相手がレベル25の力押しであっさり倒せる。バランス調整のためにこれを使えば簡単なのだろうけど、出来れば使ってほしくはなかったかな。

初見殺しが多すぎて安心してプレイできないというのも特徴。奥まで行ったら敵が出てくるとか、特定の敵を倒しても復活するとか、もたもたしてるとNPCが死ぬとか、NPCが自ら突っ込んで死ぬとか。俺はストレスとワクワクが半々でした。

フリーバトル禁止プレイという縛りを入れてプレイしたわけだけど、無限沸きが随所にある時点でどーでもいい縛りだったと思う。無限沸き利用不可というのは死に物狂いで戦ってる時には無理な話だし、いい解決案はないのかなあって感じです。

一番萌えたのはアマテラス様。エロカッコいい系に傾倒せざるを得ない悪魔の中で異彩を放つ可愛さ。作中の女の子がみんな奇抜な格好してるんで余計目立ちますね。是非最終戦に入れたかったけどレベルが足りなかった。普通にキャラで言うと・・・、うーん、しいて言うならユズがかわいい。つーかギャルゲーじゃねーからユズさん以外からそんなに好意受け取ってねーしまだ測りかねるよね(受け身思考)。ハルさんは貧乳すぎて胸の部分すかすかになってるという超絶パンクな衣装は好きです。あれはマジでどういう意図なんだ。

ストーリーはなかなか良かったんじゃないでしょうか。
ナオヤさんルートが一番面白そうな気がするなあ。

戦術的には鬼神邪神が強すぎて何とも。でもさすがにナラギリオーカスでアイラーヴィタを相手にしたりするのは苦行だったので、レベル補正を考えて良いところで切り上げるのが吉だったと思う。魔力覚醒の*1.5にエクストラが加われば3倍なので、すでに鬼神をうわまれるし。俺は途中からエクストラ?なにそれ?だったけど、エクストラがとれることを考えたら断然魔神+αで良いと思う。

BGMはタイトル画面、ベル戦のマップ、ラスボス戦が好き。ただちょっと曲数が少なかったように思う。もうちょっとバリエーションが欲しかったかなー。

総じて見てそこそこ良作であったと思います。
継承経路考えて合体してる時が一番楽しいね。

3DSリメイク版は余裕があればやろうかなー。
デビサバ08 LAST day アマネルートその2
2011年02月18日 (金) | 編集 |
◇ベル・ゼブブ戦

自陣待機で2体撃破。主人公+霊鳥+鬼神で5マス移動、霊鳥を帰し邪神召喚。これでゼブブの攻撃範囲にとどまることなく攻撃がかけられる。

主人公:ザンダイン
鬼神コウモクテン:デスバウンド
邪神アリオク:デスバウンド

はいはい1Tキル1Tキル


◇ベル・ベリト戦

素直に教団員全排除しようとしたら普通にこっちが壊滅した。S常世の祈り+サマリカームのあのチームはさすがに頭がおかしいとしか言いようがない。もうめんどくさくなったのでクラック無視して飛翔使ってノー戦闘で主人公をベリトの前へ(ステージに上がらなくても邪神使えば届く)。ザンダインデスバウンドデスバウンドザンダインデスバウンドデスバウンドで一瞬にして勝ち。三回攻撃じゃない分イザベルより弱かった印象。この面の真の敵は教団たちだ。


◇ナオヤ戦

霊鳥→鬼神+邪神がぴったり届く位置に居るナオヤさん・・・。2回攻撃であえなく1Tキル。出てきたロキにも一回も攻撃されることなく、邪神鬼神でせん滅した。


◇バ・ベル戦

延々と増援の相手してたら普通に押し切られて負けた。ムールムール+ガルーダが頭悪い強さだった印象。またもや無限沸きなので頑張れば稼げそうだ。バ・ベル本体も340回復のヤバさについていけず押し負け。「全門めんどくせー」とスキルを整えなかったウチの鬼神たち(弱点衝撃)が狙いすましたかのようなマハザンダインであっという間に溶けて行ったのが印象的。スキルの見直しと38000しかない金の最適化、この辺が終われば勝てるかなー。

3マス迎撃だからひとまず邪神は要らないかな。魔神(魔力覚醒)が良かったんだけどさすがにオーディンはレベルがつらい。2チーム鬼神で2回ずつ殴ってるのにも関わらずバ・ベルの手番が速攻で来て愕然としたので手番を遅らせる魔王とかどうだろう。メディアラハン・デスバウンド・貫通・物理強化・全門耐性とか。経験上38000あれば2体は作れるはず。

と、思ったけど主人公にディアラハンをセットすればいいことに気がついた。多分これで行けると思うので、お金は他PTの補強に回す。さすがにナラギリ37はもうどうしようもないと感じたのでノルン54との交代。ノルンのスキルには「(常世の祈り)・吸魔・リカーム/(勝利のチャクラ)・三分の魔脈・全門耐性/女神の慈愛」を選択。リカームだけはナラギリのものを受け継いで、あとはすべてオークションでそろえたけど、これでかかった費用は12000マッカ。精霊合体にも慣れてきたね。


後半へ続く。
デビサバ07 LAST day アマネルートその1
2011年02月17日 (木) | 編集 |
選択肢がユズとアマネしかなかった。

ユズの方が好きなんだけど、
ルート選んでみたらまさかの強制突破。

これはいくらなんでもね。
逃げたところでいつ神に殺されるか分からんぞって。

ということでアマネルート。
天使のいいようにされてるなあって感じ。

アツロウをもっとかまってアツロウルートの方が良かったかな。
コンピュータ制御の話になるだろうし。あと言うまでもなくナオヤ√とか。


◇イザ・ベル戦

「いきなりボス戦か・・・。お金もないし、
イザとなったら[ときのおきな(無限沸き)]まで戻るかな。」

→まさかのアマネ道場

無限沸き・相手に邪神がいない・本命ボスは動かない・相手の方がレベル高い
という完璧レベル上げ仕様。

さらにターゲットが真アマネのために、
万一取り逃してもこちらを素通りする神システム。

MPを一切使わずにアタックだけでさくさくレベル上げが可能。
主人公が48→54になったので倒伐して〆。


◇ビシャモンテン戦

アマネ道場で稼ぎきった主人公たちに隙はなかった。
周りの鬼女を倒した後、いつも通り邪神チーム3でビシャモンテン様瞬殺。


◇ゾウチョウテン・コウモクテン戦

主人公のザンダイン!ゾウチョウテンに1200のダメージ!
2体とも余裕の1Tキル。



中編へ続く。
デビサバ06 4~6TH day ベル・イアル撃破
2011年02月17日 (木) | 編集 |
VSアズマのNPCジンがクソうざかった。
ジンさんはなんでHP10で突っ込むの?バカなの?

カイドーの鬼神+邪神をあそこで見せたのは間違いだったと思うんだ。
俺の中ではこれが最強で結論出てるんだけどどうだろう。

広いステージなんかは鬼神+邪龍でもいいね。
遠くの敵を倒せるのが邪龍、相手の邪龍を倒せるのが邪神って感じ。

◇現状 (イアル前)



全員攻撃。
全チームがリカームを持ってるので、
人間が死なない限り延々と攻撃できるシステム。
ワンサイドすぎて負け要素が見えない。

◇VSベル・イアル

とりあえずクラック無視で全力イアル。

呪縛で動けなくして魔砲部隊3チームでリンチ。
ガリガリ減っていくHPバー。もしや・・・?

まさかのノーダメージでさすがに笑ってしまった。
イアルさんの攻撃モーション一度も見られなかった。

ということでクラック入れて再挑戦。
メ、メギドつええ。炎耐性のないやつは一発で蒸発した。

これは圧倒的火力での短期戦か、
圧倒的回復力での長期戦に分かれるってことだね。

俺みたいに魔砲戦隊しない正当バトルなら、
炎無効とメディアラハンを頑張ってPTに付ければ勝てるかな。

まあ、圧倒的に面倒だけど。
デビサバ05 3RD day ベル・デル撃破
2011年02月15日 (火) | 編集 |
※フリーバトル封印

よっしゃあー撃破したー!
6時間くらいやってた。バカか。

以下レベル24以下の場合の倒し方。
フリー封印で倒せない人も。



(主人公) オーカス 主人公24 ウベルリ
(攻撃隊) オーカス ユズ24 ウルベリ
(回復隊) キクリヒメ アツロウ24 エンジェル
(回復隊) サラスヴァティ ケイスケ24 エンジェル

布陣。悪魔はほぼ全部急造。

ユズ→アツロウ
サラスヴァディ→キクリヒメ

がベスト。
特にユズは機動力の関係上モロに齟齬が出てギリギリだった。

オーカスの3マス攻撃とウベルリの2回攻撃のコンボ。
これで相手チームに反撃されずに壊滅させることが可能。
女神+天使でHP回復、MP回復の無限サイクルを組むことが可能。
(HP50以上の時は血杯、以下は自分にディアで無限回復)

戦略としてはひたすらレベル上げ。
無限沸きと無限回復を利用して30くらいまで主人公のレベルを上げる。
(所要4時間くらいなので覚悟はすること)

主人公・攻撃隊のMPは簡単に尽きるのでSスキルは外すべき。
エフェクトがタイムロスにつながります。

今まで魔主体で主人公のパラ上げをしていた場合は、
ここのレベル上げで全て力に注ぐべき。
俺はlv30の力11でクリアした。

ユキジョロウを射程に収める位置に攻撃隊、
真逆のカボチャを射程に収める位置に主人公を置く。
その間、または一歩後ろに回復隊の二人。
ここで延々レベル上げ。

注意すべきなのは主人公側で、
うっかりしてると2匹目のカボチャにウベルリがやられる。
リカームがあれば問題ないが、ないとリセット決定。
行動順には常に気を払ってカボチャに攻撃される直前に中断セーブを書くことが重要。
何度でもリセットしてマハラギのこないパターンをとるしかない。

十分にレベルが上がったら(俺はLv30力11で倒した)、
手前(カボチャ・雪女)を壊滅させて位置を調整、
雑魚が復活した直後にケットシーを速攻でせん滅する。

主人公をベルデルへ送り遠くから二回攻撃。
攻撃隊はユキジョロウを速攻でかたづけたのち、
ベルデルの周りでウロチョロする。
(主人公が攻撃されると迎撃コストのせいでターンが回ってこないため)

右のカボチャ*2は通路を塞ぐように一人立つだけで遮断することが可能。
あとは主人公でチマチマと戦えばそのうち勝てる。

もしケットシーが復活しても真ん中で戦っていれば1Tはメディアされない。
5マス+1マスを意識して戦うべき。



疲れたけど達成感はある。
ふー。
デビサバ04 3RD day ベル・デル戦前
2011年02月14日 (月) | 編集 |
※フリーバトル封印

ベルデル様で詰み。
魔速全振りの主人公レベル"24"でどう勝つの?

レベル26で力にある程度振っていても苦戦する相手なのに、
ダメージは通らない、合体は雑魚しか作れない。勝てる要素が…。

「永久機関作ってベルデルの蘇生でレベル上げ」
なるほど。

戦う女の子分が足りないのでモチベーションが上がらない。
主人公もアツロウもケイスケも女だったらよかったのに。
デビサバ03 2ND day 終了
2011年02月12日 (土) | 編集 |
※フリーバトル封印

余裕だった。特に書くこともなし。

避難戦は神獣に気づけば勝ち。
リセットしてくうちに「鳥とフロストの攻撃1回ずつで上の住民が即死」
っつーパターンに出会って、運ゲーすぎわろたって気持ちになった。
7移動+転換6の範囲外なのに即死って絶対クリアできねーぞw

ピエロのはガルム2入れることと、
一斉に3つ開けることに気づくかどうかって感じ。
いわゆる初見殺し。
デビサバ02 1ST day 13:30
2011年02月11日 (金) | 編集 |
※フリーバトル封印

雪男倒したー!

・オーガ(氷体制)を使う
・オーガの呪縛(HP減少)を使うと雪男を足止めできる

というのが今回のポイントだった。

カブソ 主人公7(ジオ) ピクシー
ワイラ アツロウ6 ワイラ
オーガ ユズ7(ディア アギ) オーガ

という布陣。



◇前半戦【雑魚狩り】

①ユズ:待機してウェンディゴを待つ
②ユズ:ウェンディゴで初手ガードし乱舞をしのぐ
③ユズ:移動で距離をとる→呪縛の繰り返し

①主人公&アツロウ:ミイラと鳥を倒す
②主人公&アツロウ:奥の2チームを倒す

◇中盤戦【鳥倒伐】

①アツロウ:ワイラの風を活かして雪男の鳥を狩る
②ユズ&主人公:アツロウのPTを回復させる
③ユズ:呪縛でターゲットをアツロウに安定させる

◇後半戦【雪男】

①総力戦



こんな感じ。
作戦考えて決まると気持ちいいですね。
毎回こんなキツいとアレだけどw