@do_seasonsのメモ帳
劇場版ラブライブ!女性シンガー考察
2015年07月28日 (火) | 編集 |
◇女性シンガーは高坂穂乃果の未来の姿?

髪の色がとてもよく似ており、目の色は一致している。『大きなシャンデリアのあるホテル』とホテルの覚え方も同じ。「マイク忘れたかも!?」「ごめ~ん」など穂乃果とよく似た言動をとる。『グループ活動をしていたが、解散し、今はソロで音楽活動をしている』ことから、μ'sが解散した後の穂乃果の未来(正史)、または本来μ'sが解散するはずだった地点で解散せずにアイドル活動を行った末、やはり解散し、その後の穂乃果の未来(if)。

ホテルの前で忽然と姿を消したり、穂乃果家へ入ろうとしなかったりするのは穂乃果以外には認識されない証か。全編通して穂乃果の持つマイクにツッコミが入らないのは、他の人間には見えていないから?

女性シンガーが意図的に過去へ飛び、現在の穂乃果に会いに来たのだとしたら、その意図は「ここで解散しないとあまりよくない未来(自分)になる」からなのか。意図的に過去へ飛べるとした場合、その方法は不明。ラブライブ!アニメ世界に「ちょっと不思議な現象」はあるが、基本的には現実世界の日本と同じであり、過去へタイムスリップできる技術が開発されているとは思えない。また、時間遡行者特有の言動があまりにも見られないので、女性シンガーの意思で過去へタイムスリップしたのではなく、『女性シンガー(未来の穂乃果)』という登場人物が劇場版ラブライブ!世界へ、神によって突然創造・配置されたと考える方が妥当。(女性シンガーはこれまで生きてきた歴史のある人間ではない)

また、穂乃果らしい要素すべてがミスリードで、ただの一般人である可能性。海外編路地裏で歌っている女性シンガーは、周りに人だかりができており、このシーンのみ穂乃果以外の人間にも認識されている。この時点では一般人で、日本へ戻ってからは穂乃果の妄想とする説もあるようだ。しかし、ホテルの前で海未ちゃんが「穂乃果!!!」と叫ぶシーンで、外に出ているμ'sのメンバーは穂乃果の方を向いており、次のカットでは穂乃果の隣に女性シンガーがちゃんと立っている。μ'sのメンバーは確実に女性シンガーを視界にとらえているはずなのに、その後の会話で「隣に人なんていなかったよ」と言っているので、女性シンガーが一般人である可能性はかなり低いと思われる。

女性シンガーとの対話は穂乃果の妄想である説。あくまで超常現象を否定するスタンスで考えると、穂乃果にしか見えてない点から、女性シンガーを生みだした神は穂乃果であると考えられる。穂乃果の見た白昼夢か、穂乃果の思考の中の存在ではないか。『スクールアイドルを続けるのか』という選択に答えを出さなければならなかった劇場版ラブライブ!において、リーダーである穂乃果がそれに「悩み答えを出す」シーンは避けて通れない。その際、それをエンターテイメント的に表現できる方法として、『女性シンガー』を登場させたのがこの作品なのではないか。つまり、女性シンガーと穂乃果の対話というのは全て「穂乃果が悩み考えている」描写なのだ。穂乃果が道に迷い、女性シンガーがホテルに導いてくれるシーンがかなり自作自演気味になってしまうが、まあ一応矛盾はしていないので良しとしよう。

穂むらを継がず、海外で孤独に活動している女性シンガーがあまり幸せそうには見えないという見地から、「μ'sをここで解散せず、だらだら続けた結果こじれて解散した末の穂乃果」であり、現在の穂乃果はそうならないという論があるが、女性シンガーを穂乃果の想像だと位置付けるなら、必ずしもそうではなくなる。そもそも穂乃果(μ's)の結論は最初から解散であり、元々「解散or継続」という2つの選択肢ではなく、あくまで解散を主軸に、「本当に解散が正解なのか」を考えている立場である。穂乃果が「本当に解散が正解なのか」を相談する相手として選ぶのは「今ここで解散した後の自分」で間違いないだろう。

結論
「女性シンガーは穂乃果に深い思考が必要な時、それを整理・解決するため想像した『大人な自分』であり、穂乃果の脳内にしか存在しない。また想像である以上正史の未来とは断言できず、数ある可能性の一つに留まる」
 
『μ'sic』と『今』
2015年06月16日 (火) | 編集 |
おそらく同じ文法で書かれている『今』を集めてみました。

『僕らは今のなかで』
恐がる癖は捨てちゃえ とびきりの笑顔で
跳んで跳んで高く 僕らは今のなかで

『KiRa-KiRa Sensation!』
奇跡それは今さ ここなんだ
みんなの想いが導いた場所なんだ
だから本当に今を楽しんで
みんなで叶える物語 夢のStory

『愛してるばんざーい!』
愛してるばんざーい!
ここでよかった 私たちの今がここにある

『Angelic Angel』
明日じゃない 大事な時は 今なんだと気がついて
心の羽ばたきはとまらない

『僕たちはひとつの光』
夢の中で描いた絵のようなんだ 切なくて
時を巻き戻してみるかい? NO NO NO 今が最高
 
ラブライブ!2期12話でなぜアンコールが起きたのか
2015年05月08日 (金) | 編集 |
半年間に2回も質問されたのでケリを付けておこうと思って記事を書くことに。そもそもこの問題は検索しても全然でてこなかったのでおそらくあまりメジャーではない=疑問に思った人が少ないのだろうと思います(他にやばそうなところがいっぱいある)。例えばこの感想サイトでは、

誰もがラブライブ!本戦のステージは一回限りであることを理解しているはずだ。μ'sはこのステージを「ラストライブ」と呼んでいるし、ラブライブ!という大会のルールにも確かに存在している以上、観客達もおそらく理解している事だろう。今眼の前で行われているステージは最初で最後の一回限りのステージである事を。しかしそんな一回限りのステージだとわかっていても受けた感動をもう一度見たいと望むことは別段おかしなことではない。理屈では理解しているからこそもう一度そのステージを見たいと望み、アンコールを求めて叫んでしまう。そしてそんなアンコールを望む声が、「みんな」の声が一回限りのステージにアンコールをもたらしていく。 (マンガ☆ライフ)


と書いてあります。これでほとんど解決してしまうのでここから先は蛇足なんですが、まあせっかくなので色々考えてみます。


◇アンコールは本当に発生するのか?
ライブやコンサートにおいて演目の終了後に客からアンコールが発生し、再び演者が登場する、という流れが存在します。これは「最初から予定されたもの」と「予定にはなかったもの」の2通りがあり、現在のコンサート・ライブでは予定されたものが大多数でしょう。演者が休憩したり衣装を変えたり流れに区切りをつけたり、またライブを成功させたようにみせる(満足感)ために行います。その一方で本当に観客からの要請で曲目が増えることもあり、実際にラブライブ!3rdライブにおいてはBGMに乗せた観客の大合唱が起こり、退場しようとしていた演者が引き返し、涙しながら全員で歌う(曲目の増加=アンコール)場面がありました。観客の熱量と演者の熱量が揃った時、予定外のアンコールは現実化します。

◇アンコールを起こした人物
厳密に言うとアンコールは発起人が存在します。誰かが言いだし、周りに伝染していきます。ではアニメラブライブ!12話においてそれを言いだしたのは誰なのかと言えば、ヒデコ、フミコ、ミカの3人(いわゆる神モブ)だったのではないかと考えます。根拠として、

e.jpg

d.jpg

h.jpg

g.jpg

この3人は事前に部室から『僕らは今の中で』の衣装を取って来ており、この会場に運んでいます。アンコールの最中にアリーナ席を抜けだし関係者入口から裏へ回り、穂乃果たちに衣装を届けています。この3人はなぜ事前に使いもしない(μ'sが頼んでいないことは穂乃果たちの表情から推測できる)衣装をこの場所へ運んでいたのでしょうか?「アンコールがあるかもしれない準備」というよりは、「アンコールをしかけてやろう」くらいの意気込みがあったと考えた方が自然ではないでしょうか。

◇第2回ラブライブ!決勝ステージはμ'sの「ホーム」だった
ヒフミ3人たちを筆頭に、会場には多くの身内(A-RISE、家族)が存在します。なによりμ'sは「第1回大会優勝者A-RISEを予選で蹴落とした超強豪」で「優勝候補筆頭と噂」であり、そして決勝のステージはμ'sが予選を突破した地元「東京地区」です。決勝のパフォーマンスを披露するより前の段階で、μ'sには莫大な数のファンが存在し、あの会場に詰め掛けています。アンコールが発生してしまえば、その熱量が止まることはないでしょう。(ステージの場所はμ'sの入り時間が朝/夜景のビル/地理的問題などからの推測です)

◇観客と演者の熱量の一致
c.jpg

「このまま誰も見向きもしてくれないかもしれない、応援なんて全然もらえないかもしれない、でも、一生懸命頑張って、私たちがとにかく頑張って、届けたい、今、私たちがここに居る、この想いを」

練習に練習を重ねても第1回ラブライブ!では披露することのできなかった『僕らは今の中で』を今ここで、大勢の観客に背中を押され歌い踊ることができるのです。

◇そんなん言ってもコンテスト会場だし誰か止めるべきでは?
このステージはμ'sのホームでしたが、しかし「μ'sのために用意されたステージ」ではありません。ではμ'sではなく「参加したスクールアイドルみんなのためのステージ」なのかと言うと、それもまた違います。このステージは「ラブライブ!を運営している謎の組織School idol project」のためのステージです。

j.jpg

a.jpg

b.jpg

(ステージ液晶に燦然と輝くSchool idol projectの文字を見る穂乃果たち)

アニメにおけるスクールアイドル大会『ラブライブ!』は大々的に地区予選やメディアへの展開を行っており、School idol project(運営会社名)にとって集大成ともいえる一大イベントです。しかし甲子園や高校サッカーのように歴史があるわけではない、たった2回目の大会です。来年には資金難で継続できなくなるかもしれず、運営としてはイベントの成功・興行収入を1番に考えなくてはならない状況です。そんな中で迎えた決勝戦、トリを飾る優勝候補が見事なステージパフォーマンスを成功させ、会場のボルテージは頂点に、鳴りやまないアンコールの中、演者も最高の状態で「新曲と新衣装がある」と言ってくる。μ'sのステージ、ひいてはこの大会・決勝戦がアイドル界隈で伝説として(作中『伝伝伝』のように)語り継がれそうな気配(=商業的成功)すらあるそんな時、これを遮って「表彰式に移ります」とするでしょうか?しないでしょう。大会運営陣の常識的な判断としてアンコールは受けるべきなのです。(ちなみにステージ順が1番最後であることはAパートで言及されています)

◇まとめ
・アンコールは神モブが起こしたかも?
・アンコールが伝染してもおかしくない状況だった
・アンコールを受けた方が運営にとって都合が良かった

以上です、楽しめてもらえたなら嬉しいです。
やってやったぞ花田ァ!!!映画も期待してるからなァ!!!
 
μ's5thライブ総括
2015年02月04日 (水) | 編集 |
文章適当です。

◇1日目LV参加
感想はTwitterで

◇持って行くべきもの
ペンライト(ラブライブレード)は必須。次はTシャツが絶対欲しいなと思ったんだけど、毎年のライブ専用Tシャツは毎ライブごとの使い切りになってちょっと割高な気がするので、ラブライブ!用のTシャツ買えば良いかな。タオルはタオル曲があるのでこれも専用を買うか、ラブライブ!用のものを用意。あとはスノハレ用のウルトラオレンジ(に該当するもの)と、推し色のウルトラ○○。専用色ブレードという話もあるけど、個人的にはサイリウムをパキッと折るのがたまらないのでサイリウム派。今回サイリウムを2本持ってみたけどいまいちだった、手に持つものは全部1本ずつで良い気がする。あとは開演に合わせてではなく開場に合わせて行くべきだ。開演前のコール練習が楽しすぎる。

◇ライブビューイングのダメなところ
あまり言われていないことなんだけど、会場モニターが映らないのがマジで終わってると思った。現地ではステージに演者、後ろのモニターにアニメ映像が流れているのが普通で、そうすることでアニメの再現率をわかりやすく確認することができるんだけど、ライブビューイングではそれができない。また、特徴的なコールのある曲では後ろのモニターに「Hi!」などとコールが表示されてコールできるが、それもできない。演者が観客にも一緒に歌ってほしいと考えている曲は後ろのモニターに歌詞が流れて一緒に歌えるんだけど、それもできない。

◇後悔4連発
1:初イベント参加で自分を抑え切れずはしゃぎすぎていた、顧みると隣の人には迷惑だったかもしれない。
2:上に繋がることなんだけど、はしゃぎすぎて体力がなくなって、ライブの終盤で完全ダウンしてたのがありえない。WRで死ぬほど飛び跳ねてたのに、ラブピの時にはまさかの着席見学だったから、相当配分を間違えてる。
3:画面以外を見すぎた。主に他人のペンライトの振り方を確認しすぎてて、画面をあんまり見てなかった。ライブスレでも幾度となく忠告されていたあれ。「オタクを見てる暇があったらμ'sを見ろ」はまさにその通り。気にするなと言っても気になってしまうことはあるだろうから、こういう事態を避けるためにも、次のライブ前は完璧に予習しなきゃいけない。
4:2日目自宅待機

◇2日目自宅待機中の僕が枕を殴った回数
・ラブライブ!の中で1、2を争うくらい大好きなぼらららをやった時
・シアスマが流れてBD曲の流れが確定した時
・磁石で会場が爆発した時
・ラブライブ!の中で10指に入るくらい好きなくるりんミラクルをやった時
・好き好きのシカうちがやばいらしい時
・ススメトゥモロウとかいう文字が見えた瞬間マジでハァ?って声出たし僕的にはこれがスタダと引き替えなの納得いってませんよ。くるりんは予定調和だし、ぼららら夏色はもぎゅMスタの引き替えでやるだろうなと予想してたからよかったけど、ススメはマジでダメ。ずるい。
・と思ったらすぐにもぎゅがぼらららとの引き換えでないと知ってしまった時
・もしかしてやらないんじゃ?と淡い期待を抱いたそしペが始まってしまった時
・アンコールアニメに追加があると知ってこの日一番心が濁った
・これは内緒なんですけどdoって人はキラセン→僕今の再現を正直1番楽しみにしていたらしいですよ
・は???????SSS????????
・茫然としている僕に愛ばんpianoとかいうオーバーキルが突き刺さって終了

ということで4時間の間に12回キレてた。

◇でもまあ別にいいんですよ
夏にライブDVD出るだろうからそれを見ます。むしろ見ていない分、他の人より夏の楽しみが増えていると言えます(泣きながら)。2日目行かなかった僕が全て悪い。今後μ'sのライブが複数日だった場合は全て抑える、僕が学ぶべきはただそれだけです。(全国は無理だけど)

◇4thになかったモノ、5thにあったモノ
5thにあって4thになかったのは新曲の物量。4thの新曲は15曲だったのに対し、5thは26曲ある。新曲が1つ増えるたび、「曲」「衣装」「ダンス」「演出」「コール」において新しい発見が生まれるので、新曲の多さがそのままライブの満足度へと直結する仕組み。(もちろん、その新曲の量に耐えられる演者の練習・衣装の作成があってこそ)

◇2日間開催の意味
4thの時はユニットとBDが入れ換わった程度、セットリストにほとんど差がなかったのに対し、5thは大幅12曲もの楽曲変更。全28曲なので半分弱の楽曲が入れ換わっていることになる。4thの時の両日は来てくれる人を増やす意味合いが大きく、2日目でセットリストが少し変わった時も「ちょっとしたサプライズ」の体だったのだが、今回は完全に「2日間楽しんでもらう」ためのセットリスト。

◇5thライブ1日目という贅沢な前座
1日目だけ参加して全力で楽しんだ身として断言できるけど、1日目は完全な前座だった。「感動」には「驚き」が必要だ。アニメ2期で使われていたキラセン→アンコール→僕今の流れはあまりにも多くの人に周知されすぎており、そのまま使うことができない状況にあった。1日目のアンコールアニメでは「演者のパフォーマンスをアニメキャラが行う」という、まさに2.5次元の体現、本当に素晴らしいものを見せてもらって、「僕今の流れがこなくてもしょうがないな」くらい納得したんだけど、それがまさか前振りだったとは。2日目で同じアニメが流れたと思いきや「アニメのキャラが僕今の衣装に着替え始めた」時の会場の興奮がどれほどのものだったか、想像に難くない。この時このためだけに1日目のアンコールは存在していたと言える。

◇1日目のよかったところ
両日行った誰もが「2日目ガー」「2日目ガー」と繰り返すbotになってしまったので、1日目の良さを改めて書いておこう。1日目の良さはなんと言ってもセットリストが割れていないことにある。膨大な新曲があり、何の曲がどこで来るのか全く予想がつかない状況だったからこそ、イントロで興奮することができる。Shangri-La Shower、本当に来てほしい曲だったので、死ぬかと思ったし、輝夜もこないだろうと思っていたからヤバかった。南條さんがゲームの話をし始めた時のざわつき、りっぴーのウェディングドレスを見た昂り、カラフルボイスで色を変えた楽しさ、全員でwe are Bustersを叫んだ瞬間。すべて1日目の出来ごとで、2日目では味わうことのできないものはたくさんあることをちゃんと覚えておこう。

◇6thの展望
アニメがないので曲が少ない。劇場版OP挿入歌1挿入歌2ED、7thシングルAB、ライブ曲で7曲くらいか。今までに披露していないパラライるてしエンパレ。完全版の来ていないソルゲ、それに付随してコンビ・デュオ曲。新コンビ・デュオの展開があるかも。ぷわぷわチアデイ同じ星サイレンの特典組ももしかすると……。2015年のラブライブ!がどれくらい動いてくるかによって変わってくるので、楽しみに待ちたい。過去曲ラッシュでもそれはそれで。ソルゲリベンジは鉄板だと思うんだよなー。
 
アニメラブライブの2週目
2014年02月25日 (火) | 編集 |
アニメラブライブの2週目を見終わったんだけど、いや面白くてしょうがなかった。2週目の方が面白かったまである。

◆μ'sの目的

作中でよく語られるμ'sの目的は「廃校の阻止」と「ラブライブへの出場」だけど、3話の時点で穂乃果は「講堂を満員にする」という目標を語っていて、これは13話でも話されていること。

『手段が目的になっているか?』を問い続けられる12話~13話においての穂乃果の本当の気持ちはこの3話で語られた「講堂を満員にしたい」に答えが出ていて、だから「心変わりした」というよりは「忘れていた気持ちを思い出した」。

だから、それがわかっていた海未は「穂乃果が自分の気持ちに素直じゃないから怒っている。」と言っているわけ。本人よりよくわかってる。レズって怖い。

◆ミナリンスキー

秋葉でチラシ配り勝負してる時ことりちゃんが1番だったのってミナリンスキーだからか。

ミナリンスキーになったのμ's始めてからって……あなたそれヒトツキかそこらしか経ってないじゃないですか。そんなもんで秋葉でささやかれる伝説のメイドになれてしまうとか魔性の女すぎる。

◆ラブライブって

「スクールアイドルの甲子園、ラブライブが夏に開催されます!」あれ?夏?

夏合宿⇒文化祭っていう流れにすっかり騙されていたけど、音ノ木坂の文化祭これ6月~7月にやってますね……。ということはあの合宿5月~6月だわ。

文化祭が夏な根拠は全員夏服であることと、ノーブラの練習中(11話)やその後(12話)にセミが鳴いてること。

つーことは、穂乃果が被弾した雨は秋雨前線じゃなくて梅雨前線だ。

ここの雨の演出ってある種フェイクになってるんだな、雨が続くのは状況が悪いことを表しているんだけど、同時に状況を打破してパーっと晴れるための布石でもある。それをしないでぶっ倒すという。

「1位で確定したアライズさん」って言ってるから今回のラブライブ!への出場は絶望的なんだな。μ'sが今の9人でラブライブへ出るには、アライズがμ'sの中継を見ていたので特別推薦枠とか、ラブライブが夏と冬の2季開催とか……。にこが「まだ出れる」的なこと言ってたのが強がりなのか伏線なのか。

春~夏を1クールでこなしたわけだから、秋~冬を1クールでこなしで、最終回に卒業式を持ってくることもできるか。いずれにせよ、スクールアイドルシステムってのは(地続きのアニメ上では)他のアイドル物よりはるかに短命な仕組みだと思うね。