@do_seasonsのメモ帳
アイドルマスター シャイニーフェスタの不満点
2013年01月02日 (水) | 編集 |
sMZy14.jpg

1:使用ボタンが少ない
使用ボタンが2つしかない。ボタン数が少ないと切り替えのむずかしさがワンパターンしかないため、難易度を上げるには連打させるしかなくなってしまうのがいただけない。多けりゃいいってものではないが、2個はやっぱり少ない。

2:譜面がすげー見づらい
以下に参考画像を用意したので見比べてほしい。
A→B→Aと早めのノートを叩く時の譜面サンプルである。

・太鼓の達人
taiko_20130102142921.png


・初音ミク Project DIVA
diva_20130101211056.png

・アイドルマスター シャイニーフェスタ
aimasu_20130102143052.png

見えるかこんなもん!
プライドの咆哮について
2013年01月02日 (水) | 編集 |

《プライドの咆哮》通常罠
戦闘ダメージ計算時、自分のモンスターの攻撃力が相手モンスターより低い場合、
その攻撃力の差分のライフポイントを払って発動する。
ダメージ計算時のみ、自分のモンスターの攻撃力は
相手モンスターとの攻撃力の差の数値+300ポイントアップする。


目的は天セン、禁じられたシリーズをかわすこと。これらのカードが発動できるのはダメージステップ開始時で、それより後にダメージ計算時がくる。そのため全てを見た上でプライドを上から撃ち突破できる。注意点としては聖槍を先撃ちされるとプライドが効かなくなること。
ヴェーラー・聖杯・ブレイクスルーについて
2013年01月02日 (水) | 編集 |

《エフェクト・ヴェーラー》チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードを手札から墓地へ送り、
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手モンスターの効果をエンドフェイズ時まで無効にする。
この効果は相手のメインフェイズ時にのみ発動できる。


手札から撃てることがこのカード最大の利点であり、全てであると言える。これにより相手の先行1ターン目を阻害でき、大嵐からの大打撃パターンにも対応できる。現環境ではゼンマイに大きく刺さるカード。


《禁じられた聖杯》速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
エンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力は
400ポイントアップし、効果は無効化される。


ダメージステップに発動可能で、サイドから投入されがちなリバースモンスターを黙らせることができる。自分のターンに使えるため《発条機雷ゼンマイン》など対処の厄介なモンスターを簡単に処理することが可能。さらに400ポイントの補助で戦闘を有利にするなど、間口の広いカードである。


《ブレイクスルー・スキル》通常罠
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
また、墓地のこのカードをゲームから除外する事で、
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択し、
その効果をターン終了時まで無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できず、
自分のターンにのみ発動できる。


使い心地はほぼ聖杯と一緒。引いたターンに使えず、ダメージステップに発動できず、戦闘補助もできないこのカードが聖杯に勝てる点はただ1つ、その特徴的な墓地利用効果にある。つまりこのカードを入れる場合は「自分のターンにどうしても無効化したい想定モンスターがいる」ことが最重要になる。その条件を満たした時初めて、このカードは聖杯2枚分の力を持つキラーカードになる。現環境で使われたのは「ジュノンを出さないとどうしようもない魔導が宿敵オピオンを2度倒せるカードとして採用」した1ケースのみ。
もじゃ公さんと2マッチ
2013年01月06日 (日) | 編集 |
twitterで暇だよってつぶやいたら有名強者のもじゃ公さんが遊戯しに来てくれました。

使用デッキ【ガジェット】
VS【カオドラ忍者】×○×

1:宣告伏せてるのに余裕でチェイン通したらライパルレダメライパルで溶けた。もうやらない。
2:シーソーゲームから展開されてこっちライフ400、サレ気味に激流伏せたら次ターンもじゃ公さんが踏んでくれて勝った。
3:HANZO超変化にキンギョガジェしたら大惨事になった。もうやらない。

使用デッキ【魔導】
VS【カラクリ】×○×

1:強謙からのヒュグロとブレイカーで迷ったあげくブレイカーを選んだ。それから私の元に魔導書が訪れる事はありませんでした。BADEND。
2:中盤でジュノンジュノンジュノンネクロトーラゲーテとかいう最強手札揃えた。
3:マクロ下での墓地の肥えない圧縮を嫌った結果ジュノンシスティが手札に来ず死亡。



やっぱり負けると改善点がよく見えて良い。ガジェは経験の無さとサイド禁止のせいだからいいとして、魔導は色々とあかんかったな。レシピ通り罠入れてみたけど、トラゴの価値が無さ過ぎてちょっとダメだった。罠って入れたら入れた分だけ強くなるわけじゃなくて、罠0からの追加だとある程度まではサイクの的になるだけな気がする。あとは細かいところだと対ヴェルズで最近注目の《月の書》と罠の複合がトーラで捌けない点もちょっと辛かった。
ハトクラPCの雑感
2013年01月08日 (火) | 編集 |
30戦しました。14位。(13/01/08)

14th.png

ハトクラPCのダメなところ

1.『人とプレイする実感が少ない。』
感覚的にはネトマに近い。ハトクラの醍醐味は親しい友人とカードを触りながらやるところにあるなと再確認した。

2.『サプライセットが固定』
予習と復習が可能。これに気づいた俺は全サプライセットの勝ち筋と負け筋をメモ帳に書き出していった。

3.『最初の数時間が苦痛』
自分が弱い(対戦数が少ない)時は弱いプレイヤーと当たるようになっているので、カード版既プレイのこっちとしてはほぼハト未満のプレイヤーと戦うのは結構しんどい。気持ちよくなれるサプライならまだしも、『はじめてのハトクラ』『入門編2』など毒にも薬にもならないサプライセットばかり連続した時は心が折れそうになった。(勝率を気にしはじめると初心者ウエルカムって気持ちになれる)


ハトクラPCのいいところ

1.対人戦
数百人と対戦できるため、身内環境では気づかなかった勝ちパターンに気づく場合がある。負けた試合は勉強度が高い。

2.勝率と順位
順位付けされると気持ちよくなれる。
天海春香のサインを解読する
2013年01月23日 (水) | 編集 |
profile_message0.gif

なんとなく読める春香の公式サイン。

profile_message_20130123132518.gif



多分こんな感じ。(「か」が怪しい)

・ハートが入っている
・リボンっぽい
・中心線がなんとなくかっこいい
・ふた筆書きでさっと書ける
・ちょっとがんばれば読めるくらいの解読難易度

いいサイン。授業中にサインの練習した甲斐があったね春香。
2013冬期アニメスケジュール
2013年01月23日 (水) | 編集 |

なし


なし


なし


24:45 PSYCHO-PASS フジテレビ
25:00 あいまいみー ニコニコ動画


24:30 ジョジョの奇妙な冒険 TOKYO MX
25:53 ちはやふる2 日テレ


23:30 天元突破グレンラガン[再] TOKYO MX
25:00 みなみけ ただいま TOKYO MX


17:30 遊戯王ゼアル2 テレビ東京
神判魔導について
2013年01月25日 (金) | 編集 |
さよなら、僕らの魔導。-夢見屋本舗
http://d.hatena.ne.jp/yumemiiii/20130117

>『というか、いわゆるクソデッキ化しています。従来の魔導デッキは、あのB級感が好きなプレイヤーが好んで使っていたと思うので、なんとも拍子抜けな展開。』

これにある通り。キルパターンを組んでそれに全力出して、相手のヴェーラートラゴーズにおびえるなんて、そんなデッキを使いたかったわけではない。デッキが強化されることは必ずしもプラスではないんだなと勉強になった。

今所持デッキは、【魔導】【ガジェット】【ヴェルズ】【炎王】

俺はビートダウンが好きで、基本的に会話しない1キルと特殊勝利デッキを使うのが嫌い。使われるのは対策考えるの楽しいから好きだけども、俺が使いたいデッキではない。
神判魔導の対策
2013年01月31日 (木) | 編集 |
旧記事:魔導に対するメタとその対策

神判の登場により魔導を取り巻く環境は一変した。汎用性のあるカードの中から魔導に対して効くカードを入れる時代は終わり、魔導のみに効くピンポイントメタカードの搭載を余儀なくされることに。それに伴い今まで使われてこなかった色々なカードが発掘されてきている。

《ドロール&ロックバード》
相手の神判による補給を止められる優秀なカード。しかしこれだけピンポイントなメタに成功しても1:1交換で割に合わない。止めないと4アド取られるから撃つしかないんだけれども。

《カオスハンター》
神判でシスティSSにこれを出すとジュノンサーチもされない(裁定待ち)。ただ、相手は神判を通して+2アドなのに対し、カオスハンターを出す時点で-1アドのため3アド差がついていることは忘れてはならない。神判が止まっていないから次のバテルヒュグロセフェルで相打ちを取られたり、2発目の神判でリリーを出されて固まる恐れがあり、完全な打開とは言えないのではないか。闇デッキに対応しているためそちらも目的として投入したい。

《王宮の鉄壁》
システィ、ジュノン、ゲーテ、ネクロを止められる。ブレイカー、ジュノンジュノンからのドラゴサックorハイロン、ジュノンヴェーラーからのスクドラ、などで割られる。封魔の呪印や闇のデッキ破壊ウイルスを警戒して魔導側が王宮のお触れや盗賊の七つ道具を入れてくる可能性は十分にあるが、しかし入るデッキを選ばない魔導メタであることは評価できる。ドロール&ロックバードの上からこれまで搭載すると、こちらのデッキがボロボロになっていそうではあるが……。

《封魔の呪印》
神判を完全封殺できる優秀なカード。発動条件もそれほど厳しくなく、魔法を多く採用するデッキならば一考の価値がある。

《大暴落》
エンドフェイズで6枚になるようにカードを伏せてからの神判効果なので一見、撃つタイミングはないように思えるが、神判コンボ→次ドローフェイズ→ラメイソンドローでぴったり8枚になるのだ。決まればほぼ勝ちでどんなデッキにも採用でき最強に見えるが、しかしそれは相手がこのカードの存在を知らない場合に限る。このカードの存在自体が相手の手札を7枚までに抑えていると考えるべきで、実際に使うべきではない……のだが、それを読んで手札を8枚にすることでアドバンテージが得られるのも確かで、いたちごっこになる。ただ確実に言える事は、毎ターン手札7枚あれば十分勝てるよねってこと。
サンボマスター
2013年01月31日 (木) | 編集 |




福島出身なんだな。

数日前にこの動画を知ってから毎日見てる。MCが最高に上手くて熱い。何度見ても涙が出そう。震災前に作られた数々の曲がこんなにも響くとは驚き。

どんなに打ちのめされたって 悲しみに心をまかせちゃだめだよ
君は今逃げたいっていうけど それが本音なのかい?
僕にはそうは思えないよ

あきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんな事も

今までの過去なんてなかったかのように 
悲しみの夜なんてなかったかのように歌い出すんだぜ

悲しみで花が咲くものか!