@do_seasonsのメモ帳
氷の機械龍 地獄級 (半減ルシファー)
2013年05月15日 (水) | 編集 |
6Q47LVF.jpg

3vec6lX.jpg

フレンド天使ルシファー。ノーコン。

キマイラはギガグラギガグラギガグラ明星。アルデバランはギガグラギガグラギガグラ明星だと死なない上に低HPに入って即死攻撃を撃ってくる。そのためギガグラを最初に1発だけ撃って、25ターン後にギガグラギガグラギガグラ明星で倒す必要がある。逆算的にカーバンクル戦はギガグラ1発と明星だけ残しておいてあとは好きに使える。

危なかったのはキマイラ戦で明星撃ったあとのリカバリーだけ。ここはピエドラが居て良かった場面。リーダーをCDDなんかにする場合は、魔王の枠にセイレーンでも入ればOK。天使ルシファーの恩恵が受けられる防御態勢ってなんだかんだピエドラしかないからピエドラ良モンスだな。神羅でスキルマすればよかった。
皇たる機械龍 地獄級 (闇パ)
2013年05月15日 (水) | 編集 |
s-IMG_0620.jpg

NQI8nyF.jpg

フレンドはヘライース。ノーコン。

5FのキマイラはW変換+威嚇、9FのカーバンクルもW変換+威嚇。上手に時間稼ぎして10Fのレグルスでギガグラ+W変換。機械龍地獄はそこそこ厳しいダンジョンなので、適当な闇パでゴリ押せるのは光機械龍だけ。

相手がサクサク死ぬので道中のスキル溜めがめちゃめちゃ難しい。あまり安定はしない。
ヘラ・イース降臨! 地獄級 (ピエドラオーディン)
2013年05月15日 (水) | 編集 |
s-IMG_0666.jpg

s-x4QvOLE.jpg

フレンドオーディン。ノーコン。

詳しくはググると出てくる。自分で作った資料を書くと、

◇あちらの攻撃
通常7568
フリブラ9082
通常1513(オーディン)
フリブラ5449(オーディン)

◇フリブラ後の5449回復ライン
3115:4コンボ
2906:3コンボ(ハート4消)
2725:5コンボ
2491:4コンボ(ハート4消)

回復3115必須!とテンプレには書かれているが、実際はそんなに必要ない。回復ドロップが4つあればそれを繋げて4コンボすればいいし、回復力がもう少し低くてもピエドラセイレーンで増やせばいい。過回復しないよう回復ドロップを大事に運用すれば、長丁場もノーコンで耐えられるはずだ。

スサノオは開幕バインド用に入っているが、最近は開幕バインドさせないテクが発見されていたりするらしい。もしあれが成功するならスサノオは要らない。ネッキーのほうが優秀。

ちなみに2時間コース。宝箱だと間違いなく心が折れる。
ケリ姫コラボ 地獄級 (イースパ)
2013年05月19日 (日) | 編集 |
s-r5OSHQk.jpg

フレンドヘライース。ノーコン。

5Fのバルーンペンペン*2で威嚇変換変換。8Fのゼリー*2で変換変換。9Fのセイウチ&デイビルで威嚇中に変換回復で変換、セイウチ残してスキル溜め。10Fのガウガウでギガグラギガグラギガグラ威嚇変換変換。

道中でスキル溜めできれば余裕。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
2013年05月21日 (火) | 編集 |
7巻まで読んだ。1~3巻は凡百のラノベとそう変わらない(凡百のラノベ読んだことないけど)。4巻からは家で一気見。主人公が持つぼっち・カースト底辺・諦念観の要素が過去の回想ネタだけではなく、現在に強く現れて作用し始めたのがここからだと思う。単純に言えばストーリーのシリアス傾倒。



5巻は由比とのデートで相模南と邂逅したところの八幡がいい。ここすごい胃が痛くなった。でも5巻の本丸はそれすら吹き飛ばす「では、比企谷八幡は。」。瞬間火力で言えば今のところここが一番高かった。

で、6巻が面白かった。会議が凍ったところのカタルシスや、大オチの流れ、その後の平塚先生や雪乃との会話まで素敵要素満載。少し前には由比とのラブコメな文化祭シーンもあるし、1巻の密度としてはかなり濃い。まあ普通にページ数1番多いしな。学園ラブコメの文化祭だからどう調理しても面白いってのもある。個人的には『――比企谷くん。巻くように指示を出して』がかなり萌えシーン。雪ノ下側の描写が細かくされてないところがポイントだと思うんだけど、ここうまいことアニメ化されないかなあ。うまいこといくかどうかの前にカットの予感すらする。

7巻は越えちゃいけないライン考えろよってことですかね。6巻と比較すると色々わかるのかも。あと葉山。葉山ァ!って感じだった。挿絵の使い方が卑怯。これラノベの挿絵じゃねーぞ。普段はボーナスとかいいから先読ませろと思うのに本編後半暗すぎてボーナストラックにだいぶ癒された。



好きなキャラは悔しいけど雪ノ下雪乃。作者の手のひらの上^~
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2
2013年05月22日 (水) | 編集 |
1巻読み返して気づいた点でも。

まずビビったのが6巻との対比。読み始めた段階で「あれ……これどっかで読んだぞ……」と思ってメモ帳にメモし始めたんだけど、完全に思い出したのは70ページ。『なぁ、雪ノ下。なら、俺が友』むしろここまで思い出さなかった俺がボンクラ。これ完全に6巻ラストシーンじゃねーか。急いで6巻をチェックすると出るわ出るわ照応法(って言うらしい)の数々。

・1巻
21P:世界が終わったあとも、きっと彼女はここでこうしているんじゃないか。
69P:「あなたの……そうやって弱さを肯定してしまう部分、嫌いだわ」
70P:――きっと俺と彼女はどこか似ている。

・6巻
347P:世界が終わったあとも、きっと彼女はここでこうしているんじゃないか。
348P:「……その弱さを肯定してしまう部分、嫌いではないけれど」
349P:――俺と彼女はちっとも似ていない。

1巻を再度読んだことで間接的に6巻の評価が上がってしまった。つーかまた6巻かよ。どんだけ株上げんの。もういいから!6巻が面白いのはわかってるから!

他に大きく気になったのは由比の態度。「はぁ?」「きも」とか平気で言っててすげー刺々しい。なんだなんだ。最近の由比はすっかり服の裾掴んで涙目でこっち見てる系女子になってるからちょっとビビっちゃった。しかし、このセリフをはいておいて「家庭的な女の子は好き?」とか聞いてきたりするのはどうなのか。恋愛感情持ってる相手でも「きも」とか言えちゃうのはいささか正直すぎて、空気を合わせる由比の性格とは少し違う気もする。いや、それほど八幡がキモかったのかもしれないが……。

ところで、2巻で事故の事を知った八幡は由比に同情するなと決別するわけだけど、そうとしか捉えられない理由の一端が1巻に書いてあった。P194『入学して1年以上経つのに出会わないということは向こうにその気はないんだろう。』忘れがちだけどこの物語って2年生春からスタートしてるんだよな。ペットを助けて入院までしてるのに病院に見舞いこないし、ましてや学校で会ってもお礼を言わない(クッキーがそれなのだとしたら遅すぎる)。これって八幡からすれば嫌われてるとすら考えても良いような事象だよ。少なくとも、「自分の事好きなんじゃね?」なんてうぬぼれるのは絶対無理。だから「アイツ今まで無視してた(俺への好感度が高くない)くせに今更なんで俺にかまってんだ?」「俺がぼっちだから同情してんのか?」っていう思考は意外と理にかなってる。
闇の戦国龍 地獄級 (W半減)
2013年05月28日 (火) | 編集 |
s-woirEni.jpg

s-mmF51xo.jpg

フレンドアークハーデス。ノーコン。

5色入れないといけないので自分の好きなモンスターを入れる。一度だけドラゴンバインドが来るのでエキドナはほぼ確定。あとのメンバーはできれば防御態勢やギガグラビティや毒など耐久で使えるスキル持ちを。フレンドがアークハーデスなのはこのダンジョンが闇と光の混合だから。光半減は結構大きい。闇の中忍が怖いが威嚇があれば恐れる事はない。ちなみにパールの防御態勢は使っていない、それくらい余裕だった。

なおこのパーティは半蔵の防御が抜けなくて絶望する(7コンくらいでギリ抜ける)ので、リーダーは素直にカオスデビルドラゴン(ブレスで抜ける)を推奨。もしくはどこかに毒を仕込む。
アニメ俺ガイル8話感想
2013年05月30日 (木) | 編集 |
原作では4巻に当たる林間学校編のラスト。初めて俺が俺ガイルを評価したのがこの4巻なわけだけど、なぜかというと、ここでついに八幡のぼっち設定が意味をなす時が来たんだよね。今まで回想・自虐・ギャグでしか使われてこなかったぼっち設定。今回はぼっちであるからルミルミから話しかけられるし、ぼっちであるからあの作戦を思いついた。結果が決してみんな仲良しハッピーエンドにならないのも良い。

雪乃が貧乳を気にして長文でまくしたてるシーンなんかはいかにもラノベで、音声にするとなかなか痛々しい。こういう痛々しさはラノベアニメの避けられない弊害だな。まあ、これで人望の厚い設定だったらお笑いだけど、みんなから嫌われてる設定だし多少は大目に見れるか。(ちなみに雪乃推し)