@do_seasonsのメモ帳
乙女理論とその周辺 感想
2013年09月05日 (木) | 編集 |
面白かった。前作「月に寄りそう乙女の作法」はルナ様におんぶにだっこだったけど、今回はきちんとシナリオも魅力のあるものに仕上がっていた。朝日がかわいいだけでなく、遊星がカッコよくてよかった。

アフターはルナ様だけやったけど、ルナ×朝日は一生見てられるな。大変に気分が良い。



以下ネタバレ

・メリルルート
メリルちゃんかわかわ。メリルがかわいい以外特に言うことはない。りそなの口から語られるルナ様の言葉にワンワンしてた。あと朝日セックス下手すぎてビビる。2回にシーンを分けたんだからどうにかしてほしかったなあ。ぼーっと読んでたけどリリアへの不信感はすごかったので、CG欄解放で彼女の名前がなくてほっとした。

・りそなルート
真シナリオ。すげーよかった。遊星が親族の心を溶かしていく流れに涙が止まらなかった。俺は家族愛に弱すぎるなあ。遊星の衣遠ラブは作中キャラだけでなく俺=プレイヤーも理解不能で、だからこそ作中のキャラたちと同じく遊星すげーと思えた。さんざん言われていた「朝日さんは心が美しい」が自然に表現できていて素晴らしい。

りそなルートで言うに欠かせないのはもちろんあのソメイヨシノのシーン。卑怯だなあ。ちょうど朝日と思考がリンクしてあの閉塞感にまいっていたところだったので、本当に神が舞い降りたと思った。神様ルナ様仏様両手ぱんぱん!

リリアはうさんくさいと思ってたけど、あそこまで振りきられるとキャラとしては好き。第七身分とかなかなか面白かった。加えてテーマソング「パンがなければ飢え死にすればいいじゃない」はめちゃめちゃカッコよくて何度も聴いている。いやあリリアのキャラは良いなあ。お仕置きするFDを出そう。りそな自体はわりとどうでもよくてすみません。守るべき対象だし。

・エッタルート
メリルが終わった時点でCG欄見てエッタルートからやろうと思ったらエッタへの選択肢が1つしか見当たらなくて困ったんだよな。結局エッタルートの条件はその選択肢を選びつつ八方美人にすることなんだけど、まあ気づかんもんは気づかん。ということでりそなからのエッタなんだけど、いやこれはりそなからやって良かった。ここまで共通なのは良くないね。政略結婚ルートなんてどんどん広げられるはずなのにもったいない。唯一Hシーンが楽しかったのでもっとたくさん見たかったなあ。パリったぁい!

・ルナアフター
主従を選ぶに決まってんだろ!
なつくもゆるる 感想
2013年09月05日 (木) | 編集 |
俺は悪夢と終末のハーレムが好きだったんだなあとしみじみ思う。この作品にはハーレム分が不足している。同レーベル「はるくる」の評価ポイントは「繊細に構築されたSF設定」と「ハーレムを起点としたキャラクターの結束」なのだけど、ハーレム分の評価が意外と高かったことを再確認した。

非ハーレムが失ったもののもうひとつとして下ネタギャグがあり、ハーレムで性体験を共有しているからこそ使える下ネタギャグがいくつも存在するわけだが、それが当然できない。前回よりも圧倒的に狭まった範囲の中で下ネタギャグを濫造するのは相当苦難だったのか、ハマったものはあまりない。

SF部分は相変わらず作りこまれているのだが、今回はなかなか小難しい話になっている。はるくると比べると少しピンとこないことがあるが、それもわかりやすい解説で十分補えている。シナリオ部分に問題はないと思う。

零佳ねーさん側が最後までしんどく、常に閉塞感を感じていたのも安らがない原因か。安息の地が無い。しかしその零佳ねーさんしかり戦闘シーンはよい出来だった。銃弾ブーストとか。意表を突くことに全力を費やすのはなかなか面白い。

悪くはないんだけど……。やはりキャラ要素を削りすぎたきらいがある。シナリオだけで見た時にはかなり好みのはずなんだけどな。