@do_seasonsのメモ帳
君と彼女と彼女の恋。 感想
2013年12月24日 (火) | 編集 |
どちらかと言えば面白かった。ボリュームも少ない作品なので、今までエロゲーマーやってきた人はとりあえずこの作品をやっておいても良いだろう。何より話題性は高いし。

このゲームの感想にはよく「何も言えないからとりあえずやれ!」みたいなことが書かれるが、これほどネタバレが致命的な作品も珍しい。ネタバレを踏まないために感想サイトを見ないのは勿論のこと、重要なのは「攻略サイトを見ない方が良い」ということである。攻略のための試行錯誤もこの作品を構成する要素だからだ。俗に言うシナリオゲーはどちらかといえば小説に近い媒体なので、攻略サイトを見て進める気持ちも良くわかる。だがこの『君と彼女と彼女の恋。』はアドベンチャーゲームに近い。故に攻略することそのものにも面白さがあるのだ。

ありとあらゆるシステムをギミックに仕立て上げた点、この辺りの完成度は非常に高い。好きか嫌いかで言っても好きな作品であるが、しかし日常的なパートが弱すぎる。このレベルで「攻略サイトを見ずに試行錯誤してほしい」とは少し無理があるのではないか。俺はどのヒロインも好きになることが出来なかったためなおさらだが、ひたすらに退屈だった。ここでもう少し引き込まれていれば、その後の展開に対する身の入り方も変わったのだろうが。

選択肢フリーズバグも同様で、こんなことが起これば誰しも攻略サイトを検索して情報を得ようとするだろう。「ゲームとして遊んでほしい」のに「ゲームとして欠陥品」とはずいぶんとお粗末である。(なお、GoogleChrome他アプリを全て終了させ、選択肢選択直後に急いで余計なクリックをしないことでフリーズ確率は大きく軽減される。)(また、こちらが今回フリーズの発生したPCスペックと、製作陣の想定している動作環境である。俺は詳しくないので判断は各自に任せる。)

画期的で意欲的な良い作品だった。もしこれがフルボリュームで、日常パートも楽しめて、ヒロインにも入れ込むことができ、その上でのクライマックスを迎えたとしたら、トップクラスに好きなエロゲーになっていたかもしれない。

ちなみに、ア※※※※トでした。