@do_seasonsのメモ帳
ゆるーく2Pick攻略
2016年10月22日 (土) | 編集 |
エボルヴ環境で215戦(43セット)のデータを元にメモ。
また400戦あたりで所感を書きたい。

03.jpg

ロイヤルが圧倒的に多い。

01_201610222235385ba.jpg

ロイヤルが強く、エルフとウィッチが弱いことがわかる。
(ヴァンパイアはちょっと母数が少ないと思う)

02_20161022230651ccc.jpg

自分で使った時はこんな感じ。ロイヤルによく負けるわりにロイヤルでそれほど勝てていないのは、ロイヤルが「事故っている格上相手を叩きのめす性能」が高いからだと思う。2Pickは人口分布的に僕よりも格下と当たる遊びなので、負け補正のみが反映されている。



Tier1

ロイヤル 安定感A 爆発力S
圧倒的シェアのロイヤル。5戦中2戦はロイヤルにあたると思っていい。エボルヴからプッシュされた多くの潜伏フォロワー(特にコウガクノイチ)は、2Pickロイヤルにおけるリーサルを大きく近づけた。何よりブロンズレジェンドであるアドバンスブレーダーの存在は大きく、これを連打しているだけで勝ちを拾える試合は多い。高コストブロンズがそこそこ悲惨なのと、ゴールドにゴミカードがいくつかまぎれている点から構築事故は起きやすい方。他クラスより圧倒的に速いので、ロイヤル相手に事故ったら死を覚悟しよう。

ネクロ 安定感S 爆発力B
安定性重視のネクロ。最も4勝しやすいが、5勝するのは容易くないクラス。ブロンズからレジェンドまでとにかくはずれが少なく、悲惨なデッキを組まされにくい。圧倒的パワーカードが少ないため「超強いデッキで5勝」のパターンが取りにくい。「オーディン」「レオニダス」「連なる咆哮」などの追加により、「デュエリスト・モルディカイ」だけでは安心できなくなった。

ドラゴン 安定感C 爆発力S+
安定性を投げ捨てた暴力クラス。エボルヴからはさらに博打率が高まっている。「竜巫女の儀式」「鳳凰の庭園」「竜化の塔」とゴブリンにも劣るクソカードが3つもある一方、「竜呼びの笛」「連なる咆哮」とゲームエンド級のパワーカードを2種擁す。除去カードが死ぬほど入っているため盤面が取りやすい。除去まみれになって動けなくなることも多いので、まともなカードも入れよう。新規カードの目玉は「ムシュフシュ」で、2Pickで重要な2/2/2でありながら時に2/8/2まで成長することもある(ムシュフシュ4枚入りデッキで5勝した)。ちなみに都合よく守護を引けない2Pickの場合2PP「竜の託宣」はロイヤルに瞬殺される可能性があり危険。

Tier2

ヴァンパイア 安定感B 爆発力A
「デモンストーム」と「黙示録」が死ぬほど強く、持っていればトップシェアのロイヤルを食いつぶすことができる。「吸血鬼の古城」は明確に外れとして、「デモンコマンダー・ラウラ」「ソウルディーラー」「ブラッディ・メアリー」「アザゼル」などゴールド・レジェンドに使いにくいカードが多く、イマイチ安定しない。シルバーにハズレが多いのも特徴で、「復讐の悪魔」と「ゲリュオン」の2択などアプリを閉じたくなる場面も。ブロンズは素直なカードが多いがそれだけでは戦えない。やはりゴールドレジェンドで何を引けるか、に全てが掛かっている。

ビショップ 安定感? 爆発力?
使用不足のため不明。相手視点の戦績が悪くないため、そこそこ強いクラスだと思われる。「詠唱:獣姫の呼び声」を引ければ当然強く、「テミスの審判」「ジャンヌダルク」「光輝ドラゴン」はゲームエンドカードになりうる。「封じられし熾天使」や「サタン」などおなじみのカードは揃うまで耐えられないことが多く、2Pickではおすすめしない。

Tier3

エルフ 安定感? 爆発力?
使用不足のため不明。相手視点の戦績がボロボロのため、弱いクラスだと思っている。たまに「2Pcikのエルフは強い」と言う人が居るため、強い人が使うと化けるクラスなのかもしれない。基本的には触らないことをお勧めする。

ウィッチ 安定感D 爆発力C
「ノノの秘密研究室」「エンシェントアルケミスト」で敵を摩耗させてからいびり殺すのが勝ちパターンだった過去のクラス。エボルヴ環境に入り余計なゴールドとレジェンドが増加したため、上記2種のカードが選択肢に上がる確率がグッと減ってしまった。それに対し新たに土ウィッチの中核を担えるカードは1枚も増えていないため、事実上勝ち筋を失っている。また、運よく土ウィッチが組めたとしても、ロイヤルには「アドバンスブレーダー」に「アレキサンダー」「レオニダス」、ドラゴンには「連なる咆哮」、ニュートラルの「ダークエンジェル・オリヴィエ」と、時間稼ぎを許さないカードが大量に追加されているため、組めたところで有利になれるかすら怪しい。ちなみにスペルウィッチは元から死んでいる。現状ウィッチで2Pickは無謀な挑戦になるだろう。
 
デレ5thの事前物販で買う物を決めておく
2016年10月30日 (日) | 編集 |
買う物

◆公式コンサートライト
r.jpg

セット品は高いのでバラで買える事前物販を逃さないようにする。基本3色を持っておけば、全体曲バルログに対応できるためそれを確実に揃えたい。5thの演者にもよるが自分の場合だとみりあ(黄),奏(青),フレデリカ(ピンク)に加えて飛鳥(紫)が欲しい。


◆プロデューサーコンサートライトホルダー
ライトホルダー_blg

公式ペンラを買うならこのホルダーは有用だろう。ライブ中はとにかくバッグ以外の場所から手品師のように棒を出現させなければならないので、出現箇所を拡張できるグッズは価値が高い。


◆ちまドル アイドルマスター シンデレラガールズ LiPPS Tシャツ
51ja_EidKOL.jpg

さっさと手持ちのTシャツを2枚にしておきたいところ。5thTシャツのデザインが気に入ればそれと差し変え。みりあとお揃いTシャツに手を出すか悩む。


◆公式プロデュースリストバンド
2.jpg

その日好きなキャラトップ2くらいは巻いた方が気分も上がるかなと思うがどうだろう。カバンに1キャラ着けるのもアリ。



持ち物

◆ビジネスバッグ
リュックサックを持って行ったら大きすぎてクソ邪魔だったので、細長く自立するバッグが最適だろう。狭いスペースで足元に置くことを考えよう。極限まで持ち物を減らすことがポイント(減らしてはいけない物は減らさないように注意)。

◆水分
秋冬のライブは1リットルで十分。900mlは椅子のドリンクホルダーに入らないため500mlペットボトル2本が望ましい。

◆ウルトラオレンジ
大閃光オレンジに比べウルトラオレンジ(オムニグロー)は遥かに軽い力で折れるため、ライブ中のストレスが少なく優秀だなと思った。形状が違う為、他色の大閃光と併用すると触覚で区別できるのも大きい。単価が高いため連発するのもアレだが、ライブ時期をはずした季節にきちんと用意しておけば安く済むのではないかと思う。

◆食料
空腹→胃痛コンボが身近にあるタイプの人間なので食料は欠かせない。何度かコンビニおにぎりを持って行っていったが、飯テロがすぎるので自粛(西武ドームは売店もあったから許してほしい)。ウィダーインゼリーよりも、蒟蒻畑の方が噛むことで空腹対策になるので好き。ただ、どうしても固形物を摂取したい面があるので、水分の心配はないしカロリーメイトに手を出すか。塩分が取れる固形物で周囲に迷惑がかからない食べ物を探そう。

・ペンラPro 2本
・ボタン電池
・タオル
・チケット
・薬



買わない / 持たない物

◆キャラタオル
ライブ中首に巻くほど汗をかかない、タオルを振りまわす曲が無いのでライブ後に使うための無地タオル1枚でよい。

◆着替え / 扇子
秋冬のライブでは不要。

◆折り畳み傘
雨予報でないのならば不要。バッグは小さくすべし。