@do_seasonsのメモ帳
シャニマス Da極 TrueEnd 覚書
2018年07月10日 (火) | 編集 |
仕様(BAD調整)変更メンテ後に3回プロデュースして3回TrueEndに至ったのでメモ。

◆前提
・攻略wikiを見て正解の選択肢を選ぶ。
・攻略wikiを見て敵の行動を確認する。(しなくてもいい場合もある)
・やったのがDa極なのでDa極の解説 (ちなみに決勝VoViDaで勝ったよ運だけど)

◆なぜDa極なのか
TrueEndは通常と違いオデ数が非常に多く(シーズン4はほぼオデ)、レッスン数が非常に少なくなるため能力値が伸びない。故に2極では数値が足りず、1極(及び1極+サブ編成)のほうが簡単。手持ちの関係でDa極しか組めなかったのでDa極でやっている。

◆編成
F3BF726E-365C-4C5D-B5EE-148322322306.png
サポ : sSSRイベ甘奈(Da) / sSSR桜智代子(Da) / sSR樹里(Da) / sSSR夏葉(Da)
ゲスト : sSSR花咲耶(Vo)

例えばこんな感じ。手持ちの中で1番自信のある属性を使って1極を組む。使用するプロデュースアイドルに合わせてもいいし、合わせなくてもいい。合わせた方が当然有利だが手持ちサポートの傾向を優先しよう。大事なのは敵のデータより自分の手持ち。SSRだけで固めても同一スキルは覚えさせられない仕様なので2.0倍のSRを入れたくなる。Da樹里、Vo智代子は非常に優秀。Da極と言いつつVoの花咲耶が入っているのはトークマスタリーSPと体力サポートが非常に偉いから。トークレッスンは微妙にDaが伸びるのでDa極とトークは相性が良い。

上記の編成はDa2.5、Da2.0、Daサンセット、Vo1.0 / Da3.0、Da2.5、Da2.0、Vo2.5となり、ハズレが2枚(夏葉ァ!)。このゲームは手札が3枚なので2枚なら事故が起きず、1~2枚他色を混ぜていてもギリギリ事故らないことがわかる。まあDaのsSSRが足りないだけで、普通にめぐるが居るならめぐるを入れるべきだろうとは思うが……。Daマスタリーは当然意識するとして、後は何の能力を入れるかだが、よく通うことになるラジオマスタリーとトークマスタリー、そしてアドの取れる体力サポートがオススメ。体力サポートはレッスンで本来減るはずの体力減少を抑えてくれるというもので、単純に行動回数が増えるのでアドが取れる。アドが取れるの、皆お好きでしょ?

ちなみに夏葉sSSRは能力値のDa伸びがエグいのでゲストではなくメンバーに入っている(実践ではゲストを除くサポートメンバーの能力値が計算式に反映されるため)。Da2.5を剥奪されているが見返りはあると言ったところ。sSSRにはそれぞれ特色があるのでしっかりチェックしよう。偶然重なったsSSRなんかは頼りになる事が多いぞ。

◆シーズン1
Daレッスン、ラジオ、トークで育成する。ラジオやトークでファン人数を完遂するに越したことはないが、別に足りなくなってオーディションを受けに行っても問題はない。TrueEndは充分狙えるし、やり直し面倒だし。約束優先でVoなりViなり好きにさせる方針で、なぜかというと絶対550以上になって余るから。上限を買う余裕さえあれば600はいける(実際は余裕がない)。

◆シーズン2
オーディションでファンを稼ぐわけだが、難易度が甘すぎて流行が何位の何だろうが1位殴ってれば勝てる。ので、レッスンがしょぼいレッスンしかない時にオーディションに行ってシーズン3条件を満たしておく。

◆シーズン3
Daは470~500くらい、メンタルは200~250くらい。ここのオデはメンタルがなんぼあっても運ゲーで死ぬのでメンタルを上げるよりオデ自体の試行回数を増やす方が良い。シーズン3終了までに20万くらいファンが居ると成功しやすい。もちろんもっとたくさん稼いでも良い。

・スポットライト(4万)
夏葉が居て2位スピアはなし。Da1位なら余裕、Vi1位ならガチ勝負または2位狙い。Vo1位なら諦めて2位狙いという形。メンタル運ゲーが主な敗因。

・踊っていいとも(5万)
ボーナスステージ。シーズン4の5万より簡単なので踊っていいともいっぱい行くのが良い。流1スピアが存在しないという甘甘オーディションなのでやりたい放題。1位にボタンを押し続けるだけで勝てる。BADを出さなければな。

◆シーズン4
True狙いだと育成タイミングはないので全部オーディション。なのでシーズン3と能力目安は変わらない。オーディションとイベントで適当にDaが上がっていくので550は簡単。

・感謝フェスティバル(5万)
流1スピアのいない甘甘オーディションのくせに基礎値が高いので適当に1位を殴っていると負ける。踊っていいともを返して……。Da1位の時は余裕なのでDa1位で向かうことになる。

・レジェンド(10万)
流1が2人居るダルいオーディションだが、10万は破格なので挑まねばならない。Da2位の時に入り、2位狙いで取っていく。準決勝と違って2位通過できるから嬉しいなあ。ここの流1にViが存在しないので、True狙いはViが有利と言われている。

◆WING本選

・準決勝
振り返りでスキルとバフの準備は忘れずに。TrueEndなんて目指す人にとっては耳にタコだろうがDa1位Vi1位のスピアが存在する。調整メンテ後はDa1位を殴り勝てるようになっているため、Da1位は己の目押し力との勝負になる。同じくお互いに非属性位置となるVo1位も殴り合える。Vi1位は無理なので流行2位を狙っていく。流2スピアは存在しないためDaだろうがVoだろうが取れるが、当然「2位のTA+1位のLA」を要求される。運も絡むので頑張ろう。wikiとにらめっこしてそのターンの敵がどこに攻撃するのかを数えれば行動指針はより正確になるため、ここまできたら必死プレイするのが良いだろう。

・決勝
今更説明するまでもなくVo1位スピア。Da1位は余裕勝ちで、Vi1位は目押し勝負。Vo1位は準決勝と同じく2位狙いでうにゃうにゃするアレをやる必要がある。Good Luck!

◆その他

・流行雑誌
アップデートにより追加された流行雑誌を使う事で流行を変える事が出来る。準決勝・決勝で無理なパターンが来たら使っていこう。なお使わずに終わった場合もアイテムは消費する仕様。

・日々の鍛錬
デイリーミッションがあるのでフェス2回は義務で、月替わりで3万チケットとレッスンチケットがあるので休みの日などは精力的にフェスを消化したい。その際にパーフェクトを狙うことで、目押しの精度を上げることが出来る。目押しは才能ではなく努力。僕は、やっと第二段階(①Badなし→②Badあり→③針パフェ)のパフェが狙えるようになってきたくらい(70%くらい)の腕です。

・以下は簡易図
Da極以外エアプなので間違っている場合があります。
Vo極は準決勝がつらすぎるので不利な気がしますね。一方Viは優秀なSR(チョコ、樹里)が居ないのでライブスキルの確保に難がありそうです。やっぱりDa極がナンバーワンッ゛゛゛!



Da極の場合

・シーズン4
Da1位 → 感謝フェスティバル(5万)
Da2位 → レジェンド(10万)

・準決勝
DaVo1位 → 1位殴り
Vi1位 → 2位殴り

・決勝
DaVi1位 → 1位殴り
Vo1位 → 2位殴り



Vi極の場合

・シーズン4
Vi1位 → レジェンド(10万)
Vi2位 → 感謝フェスティバル(5万)

・準決勝
VoVi1位 → 1位殴り
Da1位 → 2位殴り

・決勝
DaVi1位 → 1位殴り
Vo1位 → 2位殴り



Vo極の場合

・シーズン4
Vo1位 → 感謝フェスティバル(5万)
Vo2位 → レジェンド(10万)

・準決勝
Vo1位 → 1位殴り
DaVi1位 → 2位殴り

・決勝
DaViVo1位 → 1位殴り

シャニマス マニーショップの持ちこみアイテム
2018年07月21日 (土) | 編集 |
18/07/20更新分。

シャニマスもだんだんと要素が追加されてきましたね。
面白くしようという気持ちが見れるだけでも安心します。

7A67C03A-F4D2-4485-854C-53CE6B99420B.png

ポイントは「プロデュース中の使用・消費の有無に関らずプロデュース終了時に消費されます。」の部分。
控え目に言ってクソ仕様

◆前提
マニーを払って持ちこみアイテムを買おうとする以上、これらはすべて種火(レッスンチケット)との比較になる。現状、種火を集めてレベリングするのがエンドコンテンツなので、費用対効果は厳しめにチェック。

流行雑誌 / 10000マニー
高い。1万マニーには約40分(フェスHard)の価値があり、これはプロデュース1回弱に相当する。まあプロデュースをやり直すよりは良いのかなと一瞬思ったが、そもそもそのプロデュースが敗北するといつ決まったんだろうか。流行雑誌を持ちこんだプロデュースが本来「持ちこまなくても優勝できるケース」だった場合、流行雑誌の1万マニーは完全に無駄な出費となる。プレイヤーの勝率(優勝率)が低い場合は効果的かもしれないが、半々を超える頃には無用の長物と化すだろう。イベントやらでタダ入手するなら最強のアイテムだが、1万マニー払って買う物ではない。

トラブル守り / 3000マニー
弱い。「レッスントラブルで発生するデメリットを1回無効」とあるが、レッスンで発生したはずのメリットはどこに行ってしまったのだろうか。つまり、アイテムをわざわざ持ちこんでいるにもかかわらずトラブル守りが発動している段階で1手(1行動)損している。そんな行動は取るべきではなく、そもそもトラブルの発生率が高い場合は「休み」を選ぶべきだ。2%程度のトラブル発生を緩和してくれる保険と考えるなら悪いアイテムではないが、固定消費・3000マニーのせいで毎回持ちこむわけにはいかないため無駄な消費となる可能性がかなり高い。

テンションアロマ / 3000マニー
テンションなんて勝手に上がってるっつーの。テンションが上がりきるまでの序盤の数手の差でアドバンテージが……うーん、キーホルダーに勝てないよなあ普通に考えて。

ヒーリングタルト / 3000マニー
やっとまともなの来た……。体力が回復するということはその分「休み」を実行する必要が無く手数でアドが取れる。アドが取れるので最強。また体力を回復することでトラブル率を緩和できるので、強いレッスンが表示されている時や約束でどうしてもレッスンしなければならない時などに使うと大きな結果が期待できる。(あれ、トラブル守りさん息してる……?) 3000マニーだったらまあ捨ててもいいんじゃない?ということで俺はこの3000タルトを推す。True狙いより優勝・フェスアイドル狙いの方がレッスンの数が多く、タルトタイミングの待ちが広いので優勝・フェスアイドル狙いの時に3000タルトを使うのがオススメ。

ヒーリングフルーツタルト / 10000マニー
うーん1万マニーはちょっと高い。純粋にアドを取るためのアイテム(地味とも言う)なので、同じく確実なアドが取れる種火(レッスンチケット)と強烈に食い合っている。種火を取りきった後に取るアイテムだろう。フェスアイドルの数値強化に役立つように見えるが、実はこのゲームは運ゲーなので(知ってた)、「ヒーリングフルーツタルトを使った周回」でレッスンや約束の調子が悪いと10000マニーをドブに捨てる事になるため無謀。やはり固定消費はクソ。

キーホルダー、タオル / 3000~10000マニー
開始から絆アップはアド。何度も言うようだが10000マニーを博打に突っ込むのはリスクがデカすぎるのでタオル購入はオススメしない、買うならキーホルダー。特にサポートSSRの内訳が偏っているプレイヤーはユニットに狙いを定めて購入しても良いかもしれない。ただし、キーホルダーとタオルに限ってはログボ配布やイベント交換配布で入手が容易いのでわざわざ買うほどではない気がしている。