@do_seasonsのメモ帳
μ's5thライブ総括
2015年02月04日 (水) | 編集 |
文章適当です。

◇1日目LV参加
感想はTwitterで

◇持って行くべきもの
ペンライト(ラブライブレード)は必須。次はTシャツが絶対欲しいなと思ったんだけど、毎年のライブ専用Tシャツは毎ライブごとの使い切りになってちょっと割高な気がするので、ラブライブ!用のTシャツ買えば良いかな。タオルはタオル曲があるのでこれも専用を買うか、ラブライブ!用のものを用意。あとはスノハレ用のウルトラオレンジ(に該当するもの)と、推し色のウルトラ○○。専用色ブレードという話もあるけど、個人的にはサイリウムをパキッと折るのがたまらないのでサイリウム派。今回サイリウムを2本持ってみたけどいまいちだった、手に持つものは全部1本ずつで良い気がする。あとは開演に合わせてではなく開場に合わせて行くべきだ。開演前のコール練習が楽しすぎる。

◇ライブビューイングのダメなところ
あまり言われていないことなんだけど、会場モニターが映らないのがマジで終わってると思った。現地ではステージに演者、後ろのモニターにアニメ映像が流れているのが普通で、そうすることでアニメの再現率をわかりやすく確認することができるんだけど、ライブビューイングではそれができない。また、特徴的なコールのある曲では後ろのモニターに「Hi!」などとコールが表示されてコールできるが、それもできない。演者が観客にも一緒に歌ってほしいと考えている曲は後ろのモニターに歌詞が流れて一緒に歌えるんだけど、それもできない。

◇後悔4連発
1:初イベント参加で自分を抑え切れずはしゃぎすぎていた、顧みると隣の人には迷惑だったかもしれない。
2:上に繋がることなんだけど、はしゃぎすぎて体力がなくなって、ライブの終盤で完全ダウンしてたのがありえない。WRで死ぬほど飛び跳ねてたのに、ラブピの時にはまさかの着席見学だったから、相当配分を間違えてる。
3:画面以外を見すぎた。主に他人のペンライトの振り方を確認しすぎてて、画面をあんまり見てなかった。ライブスレでも幾度となく忠告されていたあれ。「オタクを見てる暇があったらμ'sを見ろ」はまさにその通り。気にするなと言っても気になってしまうことはあるだろうから、こういう事態を避けるためにも、次のライブ前は完璧に予習しなきゃいけない。
4:2日目自宅待機

◇2日目自宅待機中の僕が枕を殴った回数
・ラブライブ!の中で1、2を争うくらい大好きなぼらららをやった時
・シアスマが流れてBD曲の流れが確定した時
・磁石で会場が爆発した時
・ラブライブ!の中で10指に入るくらい好きなくるりんミラクルをやった時
・好き好きのシカうちがやばいらしい時
・ススメトゥモロウとかいう文字が見えた瞬間マジでハァ?って声出たし僕的にはこれがスタダと引き替えなの納得いってませんよ。くるりんは予定調和だし、ぼららら夏色はもぎゅMスタの引き替えでやるだろうなと予想してたからよかったけど、ススメはマジでダメ。ずるい。
・と思ったらすぐにもぎゅがぼらららとの引き換えでないと知ってしまった時
・もしかしてやらないんじゃ?と淡い期待を抱いたそしペが始まってしまった時
・アンコールアニメに追加があると知ってこの日一番心が濁った
・これは内緒なんですけどdoって人はキラセン→僕今の再現を正直1番楽しみにしていたらしいですよ
・は???????SSS????????
・茫然としている僕に愛ばんpianoとかいうオーバーキルが突き刺さって終了

ということで4時間の間に12回キレてた。

◇でもまあ別にいいんですよ
夏にライブDVD出るだろうからそれを見ます。むしろ見ていない分、他の人より夏の楽しみが増えていると言えます(泣きながら)。2日目行かなかった僕が全て悪い。今後μ'sのライブが複数日だった場合は全て抑える、僕が学ぶべきはただそれだけです。(全国は無理だけど)

◇4thになかったモノ、5thにあったモノ
5thにあって4thになかったのは新曲の物量。4thの新曲は15曲だったのに対し、5thは26曲ある。新曲が1つ増えるたび、「曲」「衣装」「ダンス」「演出」「コール」において新しい発見が生まれるので、新曲の多さがそのままライブの満足度へと直結する仕組み。(もちろん、その新曲の量に耐えられる演者の練習・衣装の作成があってこそ)

◇2日間開催の意味
4thの時はユニットとBDが入れ換わった程度、セットリストにほとんど差がなかったのに対し、5thは大幅12曲もの楽曲変更。全28曲なので半分弱の楽曲が入れ換わっていることになる。4thの時の両日は来てくれる人を増やす意味合いが大きく、2日目でセットリストが少し変わった時も「ちょっとしたサプライズ」の体だったのだが、今回は完全に「2日間楽しんでもらう」ためのセットリスト。

◇5thライブ1日目という贅沢な前座
1日目だけ参加して全力で楽しんだ身として断言できるけど、1日目は完全な前座だった。「感動」には「驚き」が必要だ。アニメ2期で使われていたキラセン→アンコール→僕今の流れはあまりにも多くの人に周知されすぎており、そのまま使うことができない状況にあった。1日目のアンコールアニメでは「演者のパフォーマンスをアニメキャラが行う」という、まさに2.5次元の体現、本当に素晴らしいものを見せてもらって、「僕今の流れがこなくてもしょうがないな」くらい納得したんだけど、それがまさか前振りだったとは。2日目で同じアニメが流れたと思いきや「アニメのキャラが僕今の衣装に着替え始めた」時の会場の興奮がどれほどのものだったか、想像に難くない。この時このためだけに1日目のアンコールは存在していたと言える。

◇1日目のよかったところ
両日行った誰もが「2日目ガー」「2日目ガー」と繰り返すbotになってしまったので、1日目の良さを改めて書いておこう。1日目の良さはなんと言ってもセットリストが割れていないことにある。膨大な新曲があり、何の曲がどこで来るのか全く予想がつかない状況だったからこそ、イントロで興奮することができる。Shangri-La Shower、本当に来てほしい曲だったので、死ぬかと思ったし、輝夜もこないだろうと思っていたからヤバかった。南條さんがゲームの話をし始めた時のざわつき、りっぴーのウェディングドレスを見た昂り、カラフルボイスで色を変えた楽しさ、全員でwe are Bustersを叫んだ瞬間。すべて1日目の出来ごとで、2日目では味わうことのできないものはたくさんあることをちゃんと覚えておこう。

◇6thの展望
アニメがないので曲が少ない。劇場版OP挿入歌1挿入歌2ED、7thシングルAB、ライブ曲で7曲くらいか。今までに披露していないパラライるてしエンパレ。完全版の来ていないソルゲ、それに付随してコンビ・デュオ曲。新コンビ・デュオの展開があるかも。ぷわぷわチアデイ同じ星サイレンの特典組ももしかすると……。2015年のラブライブ!がどれくらい動いてくるかによって変わってくるので、楽しみに待ちたい。過去曲ラッシュでもそれはそれで。ソルゲリベンジは鉄板だと思うんだよなー。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック