@do_seasonsのメモ帳
ハートオブクラウン 星天前路
2015年12月03日 (木) | 編集 |
《古王朝の裔姫ルウェリー》 (エラッタ前)
速攻の観点から言えばルモイや宝物庫を使うのが強いはず。順当に強い王錫をカットするのも選択肢。ニコルを取るとかなりの速度が出るが、延長戦に弱くなるので扱いは難しい。2-5や5-2スタートへの3Tアウローラはその時点でプレイヤーを脱落させるレベルの被害を与えることが可能で、エラッタが掛かった大きな理由はここにある。サプライによって取るサポートカードを変えられるため、あらゆるサプライにおいて強い。旧ルウェリーの勝率は50%をゆうに超えるが、まあ、残っているサポートカードも強いので別の姫にも十分な機会はあったと言える。

《先帝ヘラルドの王錫》
1番強い。サポートカードに迷ったら王錫で間違いない。直轄地に農村がない場合は公爵2枚+宮廷侍女1枚で20点になる。相手のエルルーンがしかるべきタイミングで発動することを考えれば、公爵2枚での戴冠式も見えてくる。とにかく速度が速いので、相手に取られた場合は正確なカウンティングが必要。なお、ルルナサイカとの強コンボが存在するため、終盤にどちらも残っている場合は注意。

《帝宮の宝物庫》
冠購入に向けて大きなバックアップになる。公爵を買い集めることにも使える。基本的にクラムクラムが強かったような状況で強いカードだと考えても問題はない。ゲーム終了までの残りターンが多いほど強いため、序盤に擁立するかカウンターの多く乗った双子向き。

《大魔女アウローラ》
マイルドな調整により多少攻撃値は下がった。5コスカードを飛ばされたプレイヤーは都市を、公爵を飛ばされたプレイヤーは大都市を手にすることができるようになり、アウローラを使用するプレイヤー自身は飛ばされた公爵を獲得できなくなった。他強化されたサポートカードに比べると明らかに自分に対する恩恵が少ないため、使用タイミングが難しい。ただし旧ルウェリーだけは別で、わずか3ターン目に相手の5コストカードを蒸発させることができた。ルウェリーにエラッタが入った後のアウローラは以前どおり、相手の公爵を飛ばす目的で使われるようになるだろう。

《政商ウィリアム》
難しい。欲しいカードがマーケットにたくさん並んでいる必要があるのだが、そんな都合のよい場はなかなか存在しない。4~5コスカードを購入した時に都市を取れると速度的に速いと感じるので、速攻擁立向け。

《豪農ニコル》
10金で冠が買えるようになるため、終盤擁立で冠を狙いに行く場合これが1番速い。焼き畑農業がサプライに存在する場では焼き畑キープからたった農村4枚で冠が取れるので要警戒が必要になる。

《メイド長クロナ》
ラオリリ専用機。直轄地のマイナスがない場合擁立時点で12点。宮廷侍女を2枚買い足し、7枚のうち2度つがいで手札に来れば20点となる。終盤、特に4人目の擁立姫として有力な選択肢になることが多い。

《軍師シャオリン》
リンクのないカードのうち、攻撃カードは効果が重複しないためあまり意味がない。同一連打で強いのは0リンク2ドローカード。交易船、ドワーフ、割り符(公式禁止推奨)、商船団がサプライに存在し、かつあまり買われない展開の時(他に有力なカードが多い場合そうなることがある)、買い占めることができれば強力なデッキを作ることができる。特に割り符は凶悪なのだが、禁止推奨されてしまっているため日の目を見ることはなさそう。

《帝国議事堂》
手札を消費して公爵をセットしているため、議事堂の恩恵を受けるには残った少ない手札でセカンドフェイズを購入に充てる必要があり、非常に使いにくい。例えば8金確定の引き切りデッキで公爵セット+公爵購入を毎ターン繰り返すような場合は有効になる。まだ議事堂で勝ったプレイヤーを見ていないので、要検証。

《聖ルモイ大聖堂》
超圧縮カード。圧縮のため序盤から発動させるほど効率が良く、3T旧ルウェリーが猛威をふるっていた。1枚しかサポートを取れない新ルウェリーの場合、どれくらいの強さなのかは不明。順当に8金が出るような遅いタイミングでは効果が薄いため、ルウェリーか独立都市による速攻擁立の時が狙い目。偶然序盤に8金が出てしまった場合の選択肢でもある。また、サプライに追放カードが存在しない場合は唯一の呪い追放手段となるため、速攻ルウェリーからルモイを取ることをお勧めする(そのようなサプライでは遊ばない方が無難である)。見習い侍女が追放できないため、別の追放手段を用意するか3枚セットすることになる。いずれにしても皇帝の冠が視野に入り、エムシエレの禁制品カウンターをどう対処するかがキーになる。

《帝立魔法図書館》
玄人向け。リシャッフル調整との戦いになるため、デッキ攻撃カードの存在するサプライでは取らない方が無難。デッキは厚ければ厚いほど良い。大都市を固めて冠購入や公爵を固めて1度にセットなど、机上ではかなり強く感じるが扱いの難しいカード。



《灯台》
キープできなくなった代わりに領地を拾えるようになった伝書鳩。相方となるカードをキープしておくか、トリガーカードを大量に仕込むことでマッチングを向上させる必要がある。灯台の条件起動能力でカードを回収した時、手札にある別の灯台の条件起動能力を発動させることができるため、灯台の理想的な相方は灯台自身。ただし灯台やドローカードを仕込み続けると都市を買うタイミングを逃すことがある。灯台による都市回収を意識すると良い。ドローカードを大量に仕込むことができれば大都市や公爵を臨機応変に拾えるようになる。

《家庭教師》
1ドローで農村を引くことができれば金出力は2コインとなり、都市と同価値。もちろん1ドローには農村以上の価値があるため、基本的に都市より強い。大都市に対する工業都市のような買い得カード。さらに条件起動能力で継承点を生みだすことも出来、買わない理由はなさそう。

《カンフーマスター》
一見あの壊れカード祝福を思いだすような効果だが、よく見るとコインが発生していない。全く同じ使用感とは言えないが、それでも十分に強い効果は得られる。圧縮カードなので序盤に買うことを推奨。相手プレイヤーへのダメージは軽微だが悪くない。

《先行投資》
順当に見れば使うたびに都市を獲得できるカード。都市開発、開発命令、検地役人など都市を獲得できるカードは今までもいくつかあったが、そのくくりだと飛び抜けて弱いと言えるだろう。ここはやはり条件起動能力を使っていきたいが、運によるマッチングを避ける場合キープできる直轄地が必要になる。豪商や冒険者によって大都市を獲得した時、先行投資を捨てることで公爵を獲得できるというのは覚えておいていいかもしれない。

《義賊》
2金が出るおなじみの妨害シリーズ。手札を1枚捨てる効果は非常に弱い上利用される可能性が高く、妨害になっていないパターンが多い。コインを溜められる効果を積極的に使用していきたいので義賊または他の攻撃カードと複数枚買うこと前提で動くことになる。

《離れ小島》
器用貧乏カード。5コスト払って「1金発生」はシャレにならない弱さなので見なかったことにして、追放カードとして見ると転売屋の下位互換。転売屋ですらそれほど強くないカードであることを考えると、離れ小島は【条件起動能力】を使わなければ話にならないカードだと言える。手始めに離れ小島2枚でどういう動きができるのか考えてみると、「農農農離離」で農村追放→都市獲得→2金発生となる……よっわ(ちなみに都市開発だと農農農農開で農村追放→都市手札→4金発生)。ということでこうならないためにも、まともに使えそうな追放タイミングを一覧にした。
・自ら追放するカード
巡礼、地方役人、行商人、免罪符、呪詛の魔女、氷雪の精霊、(独占)
・6コス以上を追放できるカード
冒険者、洗礼
呪詛の魔女を追放し呪いを撒きながら大都市獲得、冒険者で大都市を追放し公爵を獲得しながら2枚目の公爵を獲得、そして洗礼で公爵を追放し+4点と公爵を獲得するなど……。離れ小島の使い方、見えてきたな。

《キャラバン》
公爵+農村で公爵取る以外不明。大都市+農村+キャラバンで大都市取れるけど、そもそも大都市+農村+都市で大都市買える。他のパターンも大体「それ普通に使った方が強いよね」に落ち着く。公爵と農村のマッチングで公爵を増殖させるのがやはり純粋な使い方に見える。その場合、農村はともかくキャラバンと公爵をマッチングさせなくてはいけないので、キャラバンをキープできる直轄地やベルガモットを擁立するなどの準備が必要。

《ウィッチドクター》
1枚しか使えず呪いが除去できる錬金術師。《災い》って書いてあるけど、不運引いたら普通飛ばす。特性上独占出来ず錬金術師のうまみはそのまま残っているので良い調整のカードだと思う。

《キョンシー》
最速で呪いを撒くことができる攻撃カード。2-5 or 5-2スタートでキョンシーを取れば、相手の3T~5T目(いわゆる2巡目)に呪いを仕込めるのは強烈。2金発生しているためデッキパワーも全く落ちず、特に買わない理由がなければ買っていいカード。

《富豪の愛娘》
買った時とセットした時(と追放した時)にコインが発生する宮廷侍女。コインカウンターは8金のラインに届かせるため非常に重要なアイテムなのでかなり強い。議員と同じタイミングで買いに行ってもいいし、もう少しはやくてもいいかもしれない。ちなみに界隈の一部には5-3愛娘-都市スタート派が存在するらしい。実際2巡目デッキに農村(愛娘)が増えることと、3Tコイン変換4T6金の可能性や、愛娘が残った場合の2点分のアドバンテージを考えると純粋なネタプレイってわけでもなさそうで、ちょっと検証したい。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック