@do_seasonsのメモ帳
シャニマス マニーショップの持ちこみアイテム
2018年07月21日 (土) | 編集 |
18/07/20更新分。

シャニマスもだんだんと要素が追加されてきましたね。
面白くしようという気持ちが見れるだけでも安心します。

7A67C03A-F4D2-4485-854C-53CE6B99420B.png

ポイントは「プロデュース中の使用・消費の有無に関らずプロデュース終了時に消費されます。」の部分。
控え目に言ってクソ仕様

◆前提
マニーを払って持ちこみアイテムを買おうとする以上、これらはすべて種火(レッスンチケット)との比較になる。現状、種火を集めてレベリングするのがエンドコンテンツなので、費用対効果は厳しめにチェック。

流行雑誌 / 10000マニー
高い。1万マニーには約40分(フェスHard)の価値があり、これはプロデュース1回弱に相当する。まあプロデュースをやり直すよりは良いのかなと一瞬思ったが、そもそもそのプロデュースが敗北するといつ決まったんだろうか。流行雑誌を持ちこんだプロデュースが本来「持ちこまなくても優勝できるケース」だった場合、流行雑誌の1万マニーは完全に無駄な出費となる。プレイヤーの勝率(優勝率)が低い場合は効果的かもしれないが、半々を超える頃には無用の長物と化すだろう。イベントやらでタダ入手するなら最強のアイテムだが、1万マニー払って買う物ではない。

トラブル守り / 3000マニー
弱い。「レッスントラブルで発生するデメリットを1回無効」とあるが、レッスンで発生したはずのメリットはどこに行ってしまったのだろうか。つまり、アイテムをわざわざ持ちこんでいるにもかかわらずトラブル守りが発動している段階で1手(1行動)損している。そんな行動は取るべきではなく、そもそもトラブルの発生率が高い場合は「休み」を選ぶべきだ。2%程度のトラブル発生を緩和してくれる保険と考えるなら悪いアイテムではないが、固定消費・3000マニーのせいで毎回持ちこむわけにはいかないため無駄な消費となる可能性がかなり高い。

テンションアロマ / 3000マニー
テンションなんて勝手に上がってるっつーの。テンションが上がりきるまでの序盤の数手の差でアドバンテージが……うーん、キーホルダーに勝てないよなあ普通に考えて。

ヒーリングタルト / 3000マニー
やっとまともなの来た……。体力が回復するということはその分「休み」を実行する必要が無く手数でアドが取れる。アドが取れるので最強。また体力を回復することでトラブル率を緩和できるので、強いレッスンが表示されている時や約束でどうしてもレッスンしなければならない時などに使うと大きな結果が期待できる。(あれ、トラブル守りさん息してる……?) 3000マニーだったらまあ捨ててもいいんじゃない?ということで俺はこの3000タルトを推す。True狙いより優勝・フェスアイドル狙いの方がレッスンの数が多く、タルトタイミングの待ちが広いので優勝・フェスアイドル狙いの時に3000タルトを使うのがオススメ。

ヒーリングフルーツタルト / 10000マニー
うーん1万マニーはちょっと高い。純粋にアドを取るためのアイテム(地味とも言う)なので、同じく確実なアドが取れる種火(レッスンチケット)と強烈に食い合っている。種火を取りきった後に取るアイテムだろう。フェスアイドルの数値強化に役立つように見えるが、実はこのゲームは運ゲーなので(知ってた)、「ヒーリングフルーツタルトを使った周回」でレッスンや約束の調子が悪いと10000マニーをドブに捨てる事になるため無謀。やはり固定消費はクソ。

キーホルダー、タオル / 3000~10000マニー
開始から絆アップはアド。何度も言うようだが10000マニーを博打に突っ込むのはリスクがデカすぎるのでタオル購入はオススメしない、買うならキーホルダー。特にサポートSSRの内訳が偏っているプレイヤーはユニットに狙いを定めて購入しても良いかもしれない。ただし、キーホルダーとタオルに限ってはログボ配布やイベント交換配布で入手が容易いのでわざわざ買うほどではない気がしている。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック