@do_seasonsのメモ帳
複数催眠
2010年10月03日 (日) | 編集 |
を許容するのか否か。
※手の平返しました

命中率60%を当てたとして、
何のリターンも得られずに目覚める(2ターン起き)確率が約33%(多分)。

リターン取れるのが60%*66%=39%。
催眠術自体が分の悪い賭けだと言える。

これを2匹に仕掛けたところで有利になるとは甚だ言い難い。
2匹に成功すれば多少は有利になるだろうが、
2匹に当てるのがそもそも一撃必殺レベルの確率。

催眠術の複数催眠は恐れるレベルにはない。

一方キノコの胞子による連打は価値がある。
外れないために一方的に不利益を押しつけられる。



結論として催眠術は複数前提でも弱い。
キノコの胞子は強い。
ガッサ+積みポケとか無限の可能性があるね。

複数催眠は弱いから許容はするんだけど、オフなんかで複数催眠が解禁されるかは別問題。
勝ちを目指すべきルールで複数催眠が禁じられるだろうことを考えると、複数催眠した・された時点でその試合は参考にならない。

キノガッサに複数催眠されたら降参安定かなー。
ドーブルは割りと余裕なはず。
催眠術は不利ゲー成立させた相手を褒めて続行か。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック