@do_seasonsのメモ帳
終わる世界とバースデイ
2012年09月13日 (木) | 編集 |
更新履歴
09/01 15:21 イリルート?、ミカルートまで
09/02 18:15 ヒラギルートまで
09/03 11:12 ミサキルート、ナルルートまで
09/03 13:48 全クリ
09/13 15:35 加筆修正

以下ネタバレ


第一印象

イリ:典型的妹キャラ、普通
ミカ:よしだま声高すぎんよ~(笑)
ヒラギ:頭の良いお姉さんは好きです
ナル:絶対重要キャラだろと思ったらOPでネタバレしてた
ミサキ:深夜にラーメンテロを起こす重罪人、好きだけどサブ臭い
イク:かわいすぎHシーンください



イリルート?(Cassandra Syndrome)

世界の終りで不安になる妹が一緒のベッドで寝てほしいと泣きながらすがりついてきているのに、「性欲が抑えられなくなるから無理」とかわけのわからんことを言っている主人公にキレそうだった。トイレでシコって寝ろカス。「父親と同じことをしている……」とか言いながら腰振ってるのに俺がドン引きしてたらついには「この背徳感がいい」とかほざきはじめたので、ああこいつはそういうやつなんだなと思った。

イリを追いかけたら階段から落ちて死んで笑った。理不尽BAD最近流行ってんのかな。いらない。

最後の墓の名前のところはすげービビっちゃいました。あそこは良かった。



ミカルート(Genocide Virus)

こういうめんどくさいキャラはあまり好きじゃないんだけど、トウヤたちと付き合ったことでちゃんと成長していたので良し。

街中歩いてるだけで拉致されそうになる環境で藤白を探して残るってのはどう考えてもアレだった。俺は気絶させてでもダムに連れて行くべきだと思うね。実際のところゾンビ映画見たことないんでどうやって解決させてるのか知らないんだけど、どうするのが正解なんだろうね。ダムで籠城して政府やらなんちゃらが解決してくれたりするのを待つくらいしか思いつかなくて、正直どうしようもねーって感じ。

ラストはその正直どうしようもねー事態に解答がでなかったようであまり好きではない。ハッピーエンドよりバッドエンドの方が遥かに書きやすいとウロブチ氏は言っていたよね。



ヒラギルート(Glacial Period)

ひらぎんかわいいなあ。中の人もわりと新人っぽい人らしいのに演技が自然でとてもよい。情事シーンのウィスパーボイスはゾクッとした。

おじさんは終末機関の手先だと思ったんだけど違った。近親相姦ってのはちょっとびっくりしたんで、その辺はまあよかった。オチがミカルートと一緒なのがひどい。ワンパターン戦法-2000。



ミサキルート(I Am Legend)

ループマスターミサキ。なるほどねーと思いつつ既存作品の焼きまわしにならないことを願うばかり。しかしここでもHシーンないのか……不憫だ……。



ナルルート(Reverse End)

俺たちの終わバスはここからだと言わんばかりのネタバラシ。面白かったです。駆け抜けたわ。郁関連は何回やるねんwwwと思いつつうるっとしてしまった。



真シナリオ(Happy Birthday)

良かった。結構ややこしい話なのに、トウヤとトウヤ兄のいろんなたとえ話を上手く引きあいに出して理解させようとしているのが実に丁寧だった。

トウヤ兄の懺悔が泣けた。悪ではないんだよね。ちゃんと風呂敷閉じたし、102人解放もイリならそうするだろうって感じですっきりした。



総評

面白いかつまらないかなら面白い。二重構造とかちょっとびっくりしたけど、ただどうしても手垢のついた展開のため予想通りに終始した。最近出たSFには「はるまで、くるる。」があって、色々な面であちらの方が上だった。

共通シナリオが3つに分かれてるのは寝るタイミングを教えてくれる上で非常に役に立ったのでああいうチャート式はどんどん採用してほしいな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック