@do_seasonsのメモ帳
ハトクラ危険カードレビュー
2012年09月13日 (木) | 編集 |
ゲームが一方的になりうるカードたち。

・埋もれた財宝
並以上のプレイヤーに冠を引かれた場合は負け確。あまりにもゲーム性が破壊されるため埋もれた財宝自体を使用サプライから抜いておくのもひとつの手。

・洗礼
呪い場では最強の浄化効率を誇るため、持っていないプレイヤーが泣きを見る事が多い。

・星詠みの魔女
星詠み→星詠み→星詠みが強すぎるので集中させないこと。

・都市開発
遅い場でこれを握っていないのは死を意味する。

・割り符
最強圧縮カードのため回されたら基本勝てない。自分も割り符をしに行くか、速攻をしかけて速度で勝つ必要がある。

・独占
公爵宣言が厳しいため基本的に公爵を買ってはならない。名馬や錬金術師など狙われがちなカードの購入も見合わせた方が良い。

・魅了術の魔女
運によってはこれ1枚で公爵3枚くらいは獲得されてしまうので出来るだけ全員で買って平等な運ゲーを仕掛けるしかない。財宝と同じく運ゲーカードだが、『キャントリップのため全員が無理なく買える』『弓兵隊・結盟の糧に出来る』『速攻戦術を潰せる』などの利点から禁止にするには惜しいカード。

・サムライ
1金損させる歩兵に比べて2金以上損させるサムライは非常に強い。戦術としては2通りあり、1:サムライを買い占めて自分だけ4~5コス帯のカードを使う。2:サムライを回避するために3コス以下のカード+都市大都市でデッキを構築する。サムライ場で何も考えずにカードを買っていると間違いなく負ける。

・呪詛の魔女
1枚だけマーケットに出てガン回しされると悲惨。呪いを撒きつつ侍女を圧縮できるこのカードにはかなりのパワーが秘められている。自分も呪詛使用に参加する(5-2、2-5スタート)か、それに劣らない策を考える必要がある。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック