@do_seasonsのメモ帳
なつくもゆるる 感想
2013年09月05日 (木) | 編集 |
俺は悪夢と終末のハーレムが好きだったんだなあとしみじみ思う。この作品にはハーレム分が不足している。同レーベル「はるくる」の評価ポイントは「繊細に構築されたSF設定」と「ハーレムを起点としたキャラクターの結束」なのだけど、ハーレム分の評価が意外と高かったことを再確認した。

非ハーレムが失ったもののもうひとつとして下ネタギャグがあり、ハーレムで性体験を共有しているからこそ使える下ネタギャグがいくつも存在するわけだが、それが当然できない。前回よりも圧倒的に狭まった範囲の中で下ネタギャグを濫造するのは相当苦難だったのか、ハマったものはあまりない。

SF部分は相変わらず作りこまれているのだが、今回はなかなか小難しい話になっている。はるくると比べると少しピンとこないことがあるが、それもわかりやすい解説で十分補えている。シナリオ部分に問題はないと思う。

零佳ねーさん側が最後までしんどく、常に閉塞感を感じていたのも安らがない原因か。安息の地が無い。しかしその零佳ねーさんしかり戦闘シーンはよい出来だった。銃弾ブーストとか。意表を突くことに全力を費やすのはなかなか面白い。

悪くはないんだけど……。やはりキャラ要素を削りすぎたきらいがある。シナリオだけで見た時にはかなり好みのはずなんだけどな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック