@do_seasonsのメモ帳
シャドウハンターズ
2014年05月17日 (土) | 編集 |
shadowhunters.jpg

『闇の陣営シャドウ』『正義の陣営ハンター』『一般人ニュートラル』の3陣営による殴り合い。自分に当てられたキャラカードは自分だけが把握する正体隠匿系ゲームで、プレイ中にアイテムカードによる占い(おババカード)で敵味方を判別する。敵を見つけたら包丁を装備して攻撃力を上げて殴ったり、特殊能力の雷撃魔法で遠距離攻撃したりする。殴り合いの中で先に勝利条件を満たした人が勝ち。

詳しい解説は先駆者さまに任せます。

・ジョーコデルモンド - シャドウハンターズ
http://gioco.sytes.net/shadowhunters.htm



評価 S

いろいろなメンバーで取り出してみたが、どこでも抜群にウケが良い。正体隠匿系のワクワク感と、アイテムや能力を使って敵を殴り倒すというテレビゲーム感がすばらしい。人狼のような舌戦は(ほぼ)ないので、それが苦手だという人(俺とか)も楽しめる。

このゲームで1番面白いのはニュートラルで、これでひっかきまわしている時の楽しさったらないし、1人勝ちでもしようものなら達成感はかなりのもの。相手プレイヤーたちの苦い顔が目に浮かぶ……。

欠点は人数が集まらないとできないこと。個人的には6人以上が面白い。ルール無視して限界突破の9人シャドハンを決行したこともあって、一瞬でおババカードが売り切れたりあれはあれで面白かったが、しかしまあ、6人より先は大差ない感じだから、シャドハンするなら6人がいい!と俺は思っている。

絶版につき入手困難。ボードゲームは往々にしてそういうものだが、このゲームは国産が祟ってか出回っている数がより少ないようだ。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック