@do_seasonsのメモ帳
それでも町は廻っている 8巻~11巻 メモ
2014年09月08日 (月) | 編集 |
1巻~7巻のメモはこちら
http://nndomo.blog110.fc2.com/blog-entry-511.html



◇9巻 70話「大人買い計画」
時系列順
・[未来]おっさんとその母がべちこ焼きにハマる
・[未来]おっさんが毛利屋の店じまいを知る
⇒ここが未来であるのは「もうすぐ発つんですよ(タイムトラベルに)」というセリフ、記者会見の1P前、ドーム状の未来建物の中に毛利屋が入っている事が根拠。最初の毛利屋登場シーンでは巧妙に周りがカットされている。
・[未来]おっさんがべちこ焼きを大人買いし、タイムトラベルする
・【過去】おっさんがべちこ焼きを配布して回る
・【過去】静ねーちゃんがべちこ焼きを食べる。その住所は200年後のものなので歩鳥の言うとおり検索できない。
・【過去⇒未来】べちこ焼きを追い求める人たちがべちこ焼きを開発し、ブームを起こす。
・[未来]べちこ焼きは庶民的お菓子となり、実験は「成功した」

毛利屋の江戸時代的外観が若干のミスリードになっていますね。歩鳥の「未来だから住所がない」は合っているのに、タッツンの「未来技術じゃなきゃ作れない」は間違っているというのもめんどくさいところ。(過去技術で作れないとブームにはならない)
べちこ焼きが毛利屋だけのものではなく、国民的お菓子になってしまったのなら、毛利屋の情勢も多少様変わりしている(べちこ焼きの第一人者として大金持ちorべちこ焼きを失ったため何も開発できず倒産)気がしますが、そのへんはどうなんでしょうね。

◇9巻 73話「森秋 夜空に散る」
歩鳥「講習ばっかでつまんない~~!!」
タッツン「高3の夏なんてこんなもんよ」
歩鳥「紺先輩が3年だった時はもっと遊んでたような……?」
針原「だから第一志望落ちたんじゃない……」

この時点で歩鳥は高3。紺先輩は高校を卒業しています。前からたびたび言われることですがこの漫画は時系列がぐちゃぐちゃで単行本に収録されているのです。実際、この後に収録されている別の話では紺先輩は今も高校に通っており、「来週が大学の入試」などと言っていたりします。これを見分ける1番簡単なポイントは歩鳥の髪型で、ゴムで結っているか、短く切られているか、ですが、面倒なので調べたりはしていません。基本、オムニバス的な話の集まりなのであまり気にならないからですね。

◇11巻 あとがき
時系列の話ここに書いてあるやんけバカガァー!!!
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック